お知らせ

 

NEW【部活動体験について】NEW

 令和6年度部活動体験の申し込みを開始しました!

 詳しくはこちらをご覧ください。

NEW【学校見学会について】NEW

 令和6年度学校見学会の申し込みを開始しました!

 詳しくはこちらをご覧ください!

 その他Q&Aなど受検生情報 → こちら

 NEW【児玉高校公式インスタグラムを開設しました!】

 校内の色々な情報を配信します。フォローお願いします!URLリンク

新着情報
ブログ

児玉高校だより

「こだま学:2学年」フィールドワーク@solFlows ( ソルフロース )

 本日7/10にこだま学の一環としてsolFlows ( ソルフロース )様を訪問しました。

 このグループでは植物に関した事柄から、地域の問題に取り組んでいくという目的を持ち、その先達のもとを訪問することにしたようです。  solFlowsは様々な植物と雑貨を扱うガーデンセンターです。地元に帰ってきた店長のこだわりで、建物はかつてのビニールハウスの流用、裏庭には廃材で作った瀟洒なテラス、中に地域の方々の利用できるカフェまで作る、まさにこだま学のその先にあるような所でした。

 中は植物で作った秘密基地のような雰囲気で、普通の花屋ではちょっとお目にかかれないようなものばかり。生徒がこの点を質問すると、これも店長のこだわりで、他のお店との差別化のためにも頑張っているとのことでした。

 他にも店舗の新たな魅力づくりの話や児玉の町おこしに協力している話など、高校生の質問に真摯に答えてくださりました。今日の経験を生かして、彼らなりの問題提起ができることを期待しています。

 solFlowsの皆さま、本日はありがとうございました!

 

「こだま学:2学年」夏のミッション作戦会議③

 

7月9日(火)の2学年の「こだま学」は、夏のミッションについて検討を前回に引き続き行いました。

生徒たちは、フィールドワーク計画の打合せや、夏のミッションのためのリサーチを行っていました。6月6日のキックオフミーティングから各グループの取り組みがスタートしましたが、グループごとに様々な内容で進行している生徒の姿を見ることができました。

次週から、本格的にフィールドワークが始まります。夏休みを経て、生徒たちがどのようなアウトプットをするのかとても楽しみです。

「こだま学:2学年」夏のミッション作戦会議②

 

6月27日(木)の2学年の「こだま学」は、先週に引き続き、夏のミッション作戦会議を行いました。

本日はチームによって取り組む内容が大きく異なりました。

 

インタビューをするチームは質問事項をGoogleフォームにまとめていたり、池の有効利用を考えるチームはアルミ缶風車を制作し、支柱となるモルタルを捏ねていました。

 

フィールドワークを実施するチームは、訪問日について検討し、アポイントの連絡を関係団体の方々へしました。

学校の事務室の電話をお借りし、各チームのリーダーが電話をしていました。みんな緊張していましたが、しっかり応対し重要なところはしっかりメモを取っていました。

次回は、期末テスト期間後になります。フィールドワーク実施時の最終確認を実施する予定です。

児玉の森こども園の園児たちとのお遊び祭り

 本日6/26日に児玉の森こども園の年長さん達を迎え、お遊び祭りを開催しました。

 児玉高校環境デザイン科の生徒が事前に遊び道具を作り、それを子供たちに遊んでもらうといった催しです。育てた花を押し花にし、これを釣ってもらうお花釣りや、植物の茎と花の色水を使った輪投げなど、環境デザイン科らしさも取り入れていたのが印象的でした。他にもお面作りやワニワニパニックなど、趣向を凝らしたものが目白押し。特に子供たちの猛攻を物ともせず、果敢に吶喊を繰り返す和邇達の勇士には涙を禁じえませんでした。良くあれだけ頑丈に作ったものです。

 それから参加しながらつくづく思いましたが、やはり園児というのは遊びのプロ。遊びの中にこちらが想定していない設定も盛り込んで、面白さをアップさせていました。子供たちらしさのあふれる2時間となりました。

 

 先日に引き続き、児玉の森こども園の皆さん、本日はありがとうございました。

ジャガイモ掘り&動物ふれあい体験

 本日6/25は児玉の森こども園の年長さん達のジャガイモ掘りと、児玉小学校の児童達の動物ふれあい体験をダブル開催しました。

 いつもの如く、生徒達に進行を任せると、手慣れたもので、園児さん達をとことこジャガイモ畑まで送り届け、早速掘り始めていました。土をいじると、ハサミムシやダンゴムシ、ミミズなどいろいろな虫が出てきます。虫がいるのは土が肥沃な証拠なんだよー、と生徒が解説していましたが、果たして伝わったでしょうか。それでも子供たちは、砂場では見られない土の中の生物に触れ、怖がりながらも捕まえて遊んでいました。

 今回掘ったジャガイモにはアンデスレッドという赤い品種もあり、子供たちはこれがジャガイモなのかと不思議そうにしていたのも面白ポイントでした。それにしても、最近は何度もジャガイモ掘りをしているのに、一向にジャガイモ畑が底をつきません。弊校の畑広すぎませんか?

 

 動物ふれあい体験では、ほぼ放牧しているヤギや羊と、最近生まれた子ヤギに触れてもらいました。動物には何やら癒しの効果があるのか、触っていると、本当になごみの雰囲気が流れていました。所謂アニマルテラピーというのはヤギでも実践可能なようです。

 

 児玉の森こども園の皆さん、児玉小学校の皆さん、本日はありがとうございました!

フォトアルバム