2021年8月の記事一覧

サッカー部 選手権予選 vs草加東高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた第100回全国高等学校サッカー選手権大会 埼玉大会1次予選の結果をお知らせします。なお、本大会は新型コロナウイルス感染拡大防止措置として無観客で実施しています。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 6 草加東高校

 

 今回の対戦相手である草加東高校は、東部支部2部リーグで現在4位の強豪で、このブロックの第2シード校です。

 試合は斜めのパスから裏を取る草加東高校に対し、球際の守備からカウンターを狙う展開となりました。

 負けたら終わりのトーナメントで緊張してしまい、普段のプレーができないまま失点を繰り返し、敗退してしまいました。

 

 選手権はここで終わりますが、まだリーグ戦が残っています。今回の負けから学んだことを活かせる様にトレーニングに取り組んでいきます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 部活動見学

サッカー部顧問の水野です。

 本日、第1回学校説明会が開催され、54組の中学生と保護者の方にご参加いただきました。

 サッカー部では全体説明の後に部活動見学を実施しました。感染拡大防止対策のため、部活動体験から見学会へと変更されましたが、気温30度を超える真夏日の中、5組が参加してくださいました。

 第2回学校説明会が11月6日(土)に予定されています。今回同様、体育館で全体説明の後に部活動体験も予定されています。大会日程等によりサッカー部は実施できない可能性もありますので、HPをご確認の上、申し込んでいただければと思います。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 vs秩父農工科学高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 秩父農工科学高校戦の結果をお知らせします。なお、本大会は新型コロナウイルス感染拡大防止措置として無観客で実施しています。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 3 秩父農工科学高校

 

 今回の対戦相手である秩父農工科学高校は、緩急を織り交ぜた攻撃で相手の隙を突くことを得意とするチームです。

 試合はこれまで取り組んできたボトムアップの効果があり、選手たち自身で声を掛け合い、修正しながらボールを奪い攻撃を仕掛ける展開となりました。

 しかし一瞬の隙からこぼれ球を拾われ失点し、浮き足立ったところを突かれ立て続けに失点してしまいました。ハーフタイムも選手たちが話し合い、戦術の確認をし、後半は得点のチャンスをつくることができましたが、そのまま終了してしまいました。

 

 今回、ボトムアップに挑戦しました。部長の長尾と2年生の鶴貝は、指導者目線でチームを見ることで得たものは大きかったようです。一方で、自分の殻を破れず、チャンスを棒に振ってしまった選手もいます。

 本校の体育館には「今、ここにいることに感謝」という横断幕があります。この感謝する心というのは、高校生活だけでなく実社会でも大切なものです。「やってもらって当たり前」「自分さえ良ければいい」という考えでは、人は離れていきます。本当に困った時に、誰も助けてくれなくなります。

 2019年の世論調査によると、「物質的にある程度豊かになったので、これからは心の豊かさやゆとりのある生活をすることに重きをおきたい」と言う回答が多かったそうです。感謝する心とは、この心の豊かさではないでしょうか。

 明日からまた指導者が練習を組み立てることになりますが、感謝する心を育めるよう指導していきたいと思います。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 第100回全国高等学校サッカー選手権大会 埼玉大会1次予選

サッカー部顧問の水野です。

 本日、標記の大会について抽選会が行われ、児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の対戦相手が決定しました。

  8月25日(水) vs草加東高校

     ↓ (勝利した場合)

  8月29日(日) vs飯能南高校 or 北本高校 or 日高高校

 ※無観客での開催の為、会場の公表は致しません。御理解御協力をお願い致します。

 

 大会まで残り2週間あります。「たった2週間しかない」と悲観するでもなく、「まだ2週間もある」と楽観するでもなく、1回1回の練習を大切にし、戦う準備をしていきます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 vs熊谷農業高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 熊谷農業高校戦の結果をお知らせします。なお、本大会は新型コロナウイルス感染拡大防止措置として無観客で実施しています。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 4 熊谷農業高校

 

 今回の対戦相手である熊谷農業高校は、近年急成長中の決して侮れないチームです。

 試合は前節同様、怪我人の合流ができず9人での戦いとなりました。前半は熊谷農業高校のサイドチェンジについて行けず、突破を許してしまい3失点してしまいました。ハーフタイムに選手たちが考えて修正し、守備が機能し、崩されてもゴール前でからだを張って追加点を許さない展開となりました。しかし、一瞬の気の緩みから失点してしまいました。

 

 秩父高校戦の敗戦から、指導者が練習メニューを組み立てて選手が取り組むというトップダウン形式ではなく、選手たち自身がメニューを決めそれを実行し、練習後に振り返りを行うというボトムアップ形式を採用しました。部長の長尾はメニューを考え、指示を出し、とても良い経験ができたと言っていました。私自身も、彼に気付かされたことがありました。

 しかし、中には練習に協力的でない選手がいたのも事実です。「どうせ誰かがやってくれる」という考えがプレーにも出てしまっていました。また、「他人に厳しく、自分に甘く」なってきている様子も見受けられました。こういったメンタリティでは勝つことは不可能です。本日のミーティングでも注意をしました。

 甘えたくなるところを選手たち自身がお互いに叱咤激励し、真に戦えるチームになれるよう指導していきます。

 

 

 

【中学生の皆さん、保護者の皆様】

 児玉高校・児玉白揚高校の合同チームは、人数が少ないからこそ新たなことにもチャレンジできる環境があります。今回のボトムアップもその一つです。3年間を通して様々なことを学び、自立できるよう指導しています。

 是非8月20日(金)の学校説明会および部活動体験に参加していただき、雰囲気を見て頂ければと思います。緊急事態宣言下ではありますが、感染拡大防止対策を講じて実施する予定です。

 第1回学校説明会申し込み(8月10日締切)

 皆さんのご参加お待ちしております。

 

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。