「自分発見!!高校生感動体験プログラム」始動!!



4月26日(木)の5・6時間目を使って、児玉高校では今年4年目を迎える「自分発見!!高校生感動体験プログラム」がいよいよ始まりました。
このプログラムは、埼玉県教育委員会の「埼玉の子ども70万人体験活動」の一環として行われており、児玉高校ではキャリア教育のスタートとして、
1年生の10月下旬に5日間、会社や施設で実際に仕事をする就労体験活動です。

  
最初に校長先生からお話をいただきました。

就労体験の心構えということでしたが、
「どうせやるなら楽しむ工夫を」「一生懸命やっていることを恥じない」「初心を忘れないことで人にも優しくなれる」など、学校生活にも役立てることができるお話でした。

次にDVDで就労体験の流れを観ました。中学校の時に職場体験などをしていた生徒もいますが、
5日間という体験はなかなかないので、実際に体験している様子を観ることで、今後の見通しが立った生徒も多かったです。

  
その後、就労体験の担当教員から、改めて児玉高校での就労体験を具体的に説明していただきました。
新規で受け入れてくださる事業所の話もあり、事業所の方がどのように受け入れてくださっているかなどを考えさせられました。

学年主任のお話では、一年生が高校生活に慣れてきたことで起こりがちな気の緩みなどへの注意と、遠足についての説明がありました。
就労体験に向けて、これからますます気を引き締めていきたいと思います。

実際に就労体験をするのは10月ですが、これから事前指導もたくさんあるので、実りのある就労体験になるよう頑張りたいと思います。