ブログ

児玉高校だより

「こだま学」分野別講演会

 

9月21日(木)の総合的な探究の時間「こだま学」では、分野別講演会を実施しました。

本庄児玉地域で活動されている方々にご来校いただき、「本庄児玉地域を知る」をテーマに仕事内容や取り組み等についてご講演をいただきました。

9つの分野から興味のある分野を選択し、受講しました。生徒たちは講義内容を真剣に聞き、配布資料やワークシートにたくさんメモ書きしていました。

その後の質疑応答では、事前学習で考えていた質問以外にもたくさん質問や意見が出てどの分野もたいへん有意義な時間となりました。

今回の講演会も、地域包括支援センターと連携し「市民ポプラサロン」として実施しました。12名の児玉地域の方々にも来ていただきました。

 

それぞれの分野でどんな活動をしているのかを知るだけでなく、本庄児玉地域についてより深く学ぶことが出来たと思います。本講演会を経て、様々な面で新しい発見や気づきを得られたのではないでしょうか。

講師の方々の貴重な話を活かし、2学期の探究活動も引き続き積極的に取り組んでいってほしいと思います。

 

<ご協力いただいた団体>

早稲田大学BAM部、NPO法人ほんじょう寺子屋、矢島牧場、

本庄農業女子、本庄市花の会、本庄市社会福祉協議会、

児玉の森こども園、児玉工業団地工業会、本庄商店街連合会

埼玉フェア(北部会場)参加

令和5年9月9日(土)に、イオン熊谷店(熊谷市本石)の3F催事場にて高校生埼玉フェアが開催されました。県内北部地区の多くの専門高校が集まり、それぞれの学校の成果発表や販売などを行いました。

本校は本年度初めての参加で、学習成果の発表として電子機械科のライントレースカーと先日の研究授業で作った交通信号機モデル、課題研究で製作したイライラ棒の体験などしてもらいました。

機械科はオリジナルドックタグの受注生産を行いました。

来場者にオリジナルのデザインを書いてもらい、そのデザインを児玉高校機械科の工場とオンラインでつなぎ完成イメージを確認の上生産します。キーホルダーにするボールチェーンの色も選んでもらい、完成品は後日郵送にて送付させていただきます。

25名のオーダーをいただき、また多くの方に御来場いただきました。本校の内容を少しでも知っていただければ幸いです。

御来場いただいた皆様、ありがとうございました。

   

新設校記念品贈呈式

9/8(金)公益財団法人 日本教育公務員弘済会による新設校記念品贈呈式が行われました。埼玉支部長 細田 宏 様から、校長に校名・学科名が入った懸垂幕の目録が手渡されました。

「こだま学」課題発表会

 

9月7日(木)の総合的な探究の時間「こだま学」では、課題発表会をクラスごとに実施しました。

 

1学期に実施した総合的な探究の時間で得た知識を、「市外の人に児玉地域の偉人・歴史・文化を知ってもらおう!」をテーマにgoogleスライドに「まとめ・表現」する課題を夏季休業中に取り組みました。

 

今日はその成果を発表する場。緊張していた生徒もいましたが、作成したgoogleスライドを班のメンバーにしっかりと説明していました。

その後、班の中の代表者がクラス全体で発表しました。

どの生徒もgoogleスライドを工夫して作成していて、堂々と発表してくれました。

今回までの総合的な探究の時間は、探究学習のサイクルのトレーニングとして実施してきました。次回から本格的に『総合的な探究の時間』がスタートします。

生徒たちには今回までの経験を活かしてほしいと思います。

【電子機械科】「1学年電気回路」研究授業実施

9月7日(木)2時間目に1学年の電気回路の時間に研究授業を行いました。

今回は1学期に学んだ「抵抗の直並列接続」の知識を”知識構成型ジグソー法”による授業でした。

電流制限抵抗の計算、LED点灯回路の設計、スイッチを使った制御という3つのエキスパートが合わさって、ジグソー活動をして回路を製作するというものでした。今回のテーマは、歩行者用信号押しボタンスイッチを製作するというものです。

最後は自分たちの設計で回路を製作し、その理由について発表しました。

生徒は議論も活発に行い、非常によい授業が展開され、最後に完成した回路の披露をしている班はとても誇らしげでした。この経験を今後の学習に生かせるように頑張っていきましょう。

【電子機械科】2学期工業技術基礎スタート

9月5日(火)より2学期の工業技術基礎(1年生)がスタートしました。

暑い中でしたが、きちんと実習服を着用し安全に気を付けながら作業しています。だんだんと工業技術者らしくなってきました。

写真はマイコン制御実習の基板作成の一つ。センサ回路を作っている様子です。5月にマイスターの講義を受講して基板作成の知識はありますが、表面実装の抵抗器をはんだ付けするのは苦労している様子でした。

初心者には難しいはんだ付けですが、生徒は皆よくできていました。実際の動作が楽しみです。

家畜審査競技県大会 最優秀賞をいただきました

8月2日に開催された

令和5年度 家畜審査競技 県大会 にて

豚の部で最優秀賞1名、優秀賞4名をいただきました。

 

家畜審査競技 豚の部ではランドレース3頭の中から良い豚を選びました。

受賞した生徒は生物資源科の2年生の5名でした。

 

入賞できなかった生徒もお疲れさまでした。

電子機械科「国家資格9名合格」

 電子機械科では、この夏休みに行われた国家資格「技能検定3級電気機器組立て6名、技能検定3級機械検査1名、第二種電気工事士2名」合計9名の3年生が合格しました。おめでとうございます。合格した生徒たちは、夏季休業中の猛暑の中、試験に向け汗をかきながら頑張っていました。その努力が、合格に繋がったと思います。資格を取るためには、合格したいという気持ちや自分自身の努力が必要です。今後1、2年生にも期待したいと思います。

サッカー部 活動報告~夏休み~

こんにちは。サッカー部です。

8月も残りわずかとなり9月が近づいてきました。

夏休みも終わりを迎えるということで活動報告をさせていただきます。

 

7月26日 部活動説明会

 

〇U18SN3リーグ

8月 3日 第7節 対 本庄  〇2-1

 

〇全国高等学校サッカー選手権大会埼玉県大会 一次予選

8月19日 1回戦 対 狭山経済 〇0-0 PK5-4

8月23日 2回戦 対 本庄東  0-11

 

夏休み入ってすぐに部活動説明会があり、4名の中学生に参加していただきました。

暑い中でしたが積極的なプレーが目立ち、選手たちも刺激を受けていました。

また、出身中学校の先輩後輩という繋がりで本校生徒がアドバイスしている様子も見られ、貴重な機会になりました。


リーグ戦の本庄高校との試合では、相手に先制されながらも粘り強く戦い、接戦を制し、勝利を収めることができました。

 

そして選手権大会では、初戦で狭山経済高校と対戦をしました。

初戦の緊張感からか動きがかたい場面も見られましたが、相手に流れを渡さず一進一退の攻防が続きました。

80分ハーフ、延長戦でも決着がつかず、PK戦へ突入し、5-4で勝利することができました。

2回戦では本庄東高校と対戦しました。

北部1部所属で格上の相手という意識もあり、守備に寄せた戦い方ではありましたが、防戦一方で苦しい展開となりました。

相手の速い攻撃に対応できず失点を重ねてしまい、結果的に0-11の敗戦となりましたが、選手は気持ちを切らさず最後まで戦い抜きました。

 

今年の夏は、他地区の高校との練習試合やカップ戦の参加など例年以上に多くのことを経験できた夏になりました。

その中で、我慢することや継続することの大切さを学び、結果的に目指していた選手権の勝利に繋がったと思います。

残り2試合のリーグ戦もいい結果が出せるよう頑張りたいと思います。

夏休みが終わり、2学期が始まりますが、”明るく、楽しく、元気よく”活動していきたいと思っています。

今後とも児玉高校サッカー部をよろしくお願いします。

文責:顧問 髙橋