ブログ

児玉高校だより

「こだま学:1学年」講演会 ”探究とは”

7月12日(金)総探の時間では、探究について知るというテーマで、島根県立津和野高校 特任コーディネーターの山本竜也様にご講演いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総探の基礎となる、”探究”について深く知ることができました。

事例を聞いたり、実際にKJ法やワールドカフェスタイルの対話を通してプチ探究活動を体験しました。

2学期は地域の方にも協力いただきながら分野別の探究活動を行っていきます。

1学期終業式

 本日7/19は1学期終業式でした。

 いつの間にやら梅雨も明け、気づけばセミがうるさいうるさい。30度を超える部屋の中、生暖かさをかき回すだけ扇風機。限界になって買った炭酸をあおって飲むと空が青い。そこで初めて夕立前のペトリコールが鼻をつく。もうそんな夏休みなようです。

 夏休みという言葉は何歳になってもときめきますね。生徒の皆さん全員がが夏休みを存分に活かした活動ができることを願っています。

 夏休み、楽しんでください!ただし、宿題まで含めて夏休みです。

避難訓練

 本日7/17の3,4限は避難訓練を実施しました。管理棟西側で出火という想定でしたが、グラウンド状況を鑑みて体育館への避難となり、当初予定していた消火訓練は行わないことになりました。避難時は大きなトラブルもなく、迅速に行動できていたと思います。

 避難後の児玉分署の消防隊の方の講演では、火災はほぼ14分に1回どこかで起こっている、というお話が印象的でした。いつか自分の身にも起こるかもしれない、という感覚をもって、訓練することが大切だ、とのことでした。

 併せて、教員側も何かが起こった時の対応の方法や、火元責任者としての自覚を再確認する良い機会になりました。

サイバーセキュリティ講座

 本日7/17の1,2限はe-ネットキャラバンの柳ゆき先生をお招きしてサイバーセキュリティ講座を開催しました。お話の中では、スマホ関連や、インタネットゲームや対戦型ゲームなどを通したトラブルの例など、中高生にも関連深い話が多く出ており、誰にでもセキュリティリスクというのは存在するのだ、ということをわかりやすく提示してくださいました。

 これから夏休みとなります。先日の危険薬物の話も併せて、自分や友達がトラブルに巻き込まれないようにするための責任ある行動を各自徹底してください。

進路ガイダンス

本日7/16の3、4限は株式会社さんぽうの方をお招きして進路ガイダンスを行いました。初めに相互に関連する職業を大量に書き出して職業マップを作製し、そこで出た意見をもとに、どのような仕事に就きたいかを話し合って深めました。

職業を書き出すのに使用したのは、「ペットボトル」という一単語に関係する単語(例えば水、輸送、コンビニ等)を書き出し、それに関連する職業を書き出していくという連想ゲームで、最終的には宇宙関連の事業にまで話が進んでいく班もあり、非常に興味深い取り組みでした。

社会や職に対する視野を広げる良い機会になってくれたと思います!

薬物乱用防止教室

本日6/16の1、2限は武蔵丘短期大学の荒川崇先生をお招きして薬物乱用防止教室を開催しました。昨今の薬物乱用などのいわゆる危険薬物の話から、サプリメントや砂糖、人工甘味料など身近に存在する薬物との付き合い方に至るまで網羅してくださいました!

現代では、ネットなどで知らないうちに危険薬物が迫ってきているという話もありましたが、各自が自覚をもって薬物を遠ざけるように注意を払っていきたいものです。

「こだま学:2学年」フィールドワーク@solFlows ( ソルフロース )

 本日7/10にこだま学の一環としてsolFlows ( ソルフロース )様を訪問しました。

 このグループでは植物に関した事柄から、地域の問題に取り組んでいくという目的を持ち、その先達のもとを訪問することにしたようです。  solFlowsは様々な植物と雑貨を扱うガーデンセンターです。地元に帰ってきた店長のこだわりで、建物はかつてのビニールハウスの流用、裏庭には廃材で作った瀟洒なテラス、中に地域の方々の利用できるカフェまで作る、まさにこだま学のその先にあるような所でした。

 中は植物で作った秘密基地のような雰囲気で、普通の花屋ではちょっとお目にかかれないようなものばかり。生徒がこの点を質問すると、これも店長のこだわりで、他のお店との差別化のためにも頑張っているとのことでした。

 他にも店舗の新たな魅力づくりの話や児玉の町おこしに協力している話など、高校生の質問に真摯に答えてくださりました。今日の経験を生かして、彼らなりの問題提起ができることを期待しています。

 solFlowsの皆さま、本日はありがとうございました!

 

「こだま学:2学年」夏のミッション作戦会議③

 

7月9日(火)の2学年の「こだま学」は、夏のミッションについて検討を前回に引き続き行いました。

生徒たちは、フィールドワーク計画の打合せや、夏のミッションのためのリサーチを行っていました。6月6日のキックオフミーティングから各グループの取り組みがスタートしましたが、グループごとに様々な内容で進行している生徒の姿を見ることができました。

次週から、本格的にフィールドワークが始まります。夏休みを経て、生徒たちがどのようなアウトプットをするのかとても楽しみです。

「こだま学:2学年」夏のミッション作戦会議②

 

6月27日(木)の2学年の「こだま学」は、先週に引き続き、夏のミッション作戦会議を行いました。

本日はチームによって取り組む内容が大きく異なりました。

 

インタビューをするチームは質問事項をGoogleフォームにまとめていたり、池の有効利用を考えるチームはアルミ缶風車を制作し、支柱となるモルタルを捏ねていました。

 

フィールドワークを実施するチームは、訪問日について検討し、アポイントの連絡を関係団体の方々へしました。

学校の事務室の電話をお借りし、各チームのリーダーが電話をしていました。みんな緊張していましたが、しっかり応対し重要なところはしっかりメモを取っていました。

次回は、期末テスト期間後になります。フィールドワーク実施時の最終確認を実施する予定です。

児玉の森こども園の園児たちとのお遊び祭り

 本日6/26日に児玉の森こども園の年長さん達を迎え、お遊び祭りを開催しました。

 児玉高校環境デザイン科の生徒が事前に遊び道具を作り、それを子供たちに遊んでもらうといった催しです。育てた花を押し花にし、これを釣ってもらうお花釣りや、植物の茎と花の色水を使った輪投げなど、環境デザイン科らしさも取り入れていたのが印象的でした。他にもお面作りやワニワニパニックなど、趣向を凝らしたものが目白押し。特に子供たちの猛攻を物ともせず、果敢に吶喊を繰り返す和邇達の勇士には涙を禁じえませんでした。良くあれだけ頑丈に作ったものです。

 それから参加しながらつくづく思いましたが、やはり園児というのは遊びのプロ。遊びの中にこちらが想定していない設定も盛り込んで、面白さをアップさせていました。子供たちらしさのあふれる2時間となりました。

 

 先日に引き続き、児玉の森こども園の皆さん、本日はありがとうございました。

ジャガイモ掘り&動物ふれあい体験

 本日6/25は児玉の森こども園の年長さん達のジャガイモ掘りと、児玉小学校の児童達の動物ふれあい体験をダブル開催しました。

 いつもの如く、生徒達に進行を任せると、手慣れたもので、園児さん達をとことこジャガイモ畑まで送り届け、早速掘り始めていました。土をいじると、ハサミムシやダンゴムシ、ミミズなどいろいろな虫が出てきます。虫がいるのは土が肥沃な証拠なんだよー、と生徒が解説していましたが、果たして伝わったでしょうか。それでも子供たちは、砂場では見られない土の中の生物に触れ、怖がりながらも捕まえて遊んでいました。

 今回掘ったジャガイモにはアンデスレッドという赤い品種もあり、子供たちはこれがジャガイモなのかと不思議そうにしていたのも面白ポイントでした。それにしても、最近は何度もジャガイモ掘りをしているのに、一向にジャガイモ畑が底をつきません。弊校の畑広すぎませんか?

 

 動物ふれあい体験では、ほぼ放牧しているヤギや羊と、最近生まれた子ヤギに触れてもらいました。動物には何やら癒しの効果があるのか、触っていると、本当になごみの雰囲気が流れていました。所謂アニマルテラピーというのはヤギでも実践可能なようです。

 

 児玉の森こども園の皆さん、児玉小学校の皆さん、本日はありがとうございました!

県政出前講座「のぞいてみよう家畜のくらし」

本日6/24の3,4時間目に、県政出前講座「のぞいてみよう家畜のくらし」を開催しました。

今回は、埼玉県川越家畜保健衛生所から講師の方ををお招きし、家畜とその伝染病について講演していただきました。

前半では埼玉県の農業、畜産業の現在の様子などから始まり、家畜の種類や特徴、飼育の実際の状況など、広範な分野を、後半で話題は家畜伝染病の話に移ります。一度発生すると畜舎すべて殺処分の上、完全消毒が義務ですが、講演していただいた杉山さんは実際にこの業務を何度も経験されており、その苦労が解説から滲んでいるいようでした。

今回は、生徒の代表6人が、実際に家畜伝染病が発生した時のオペレーション遂行用の防護服を装着する体験も実施しました。服は2重で、分厚いマスク、隙間はすべてマスキングと、かなりの念の入れよう。一度身を包むと誰が誰だかわかりませんね。その見た目からもわかりますが、中はかなりの高温らしいです。しかし、こうした苦労の上に、現在の衛生的な食材提供体制が整っているのだというのが伝わってきます。

 

埼玉県でも令和元年に豚熱の発生が5件発生している他、鳥インフルエンザも喫緊で報告されています。多くの家畜を飼育する我が校でも、全く他人事ではないのだと生徒達も感じてくれていたようです。

 

 埼玉県川越家畜保健衛生所のお二方、本日はどうもありがとうございました!

親子でジャガイモ掘り体験 開催!

6月22日(土)に親子でジャガイモ掘り体験を開催しました!

前日から梅雨入りし開催が危ぶまれましたが、当日は天気も回復し、畑のぬかるみもなく無事に開催することができました期待・ワクワク

開催に先立ち、生物資源科の1年生がじゃがいもに関するミニテストを行いました。

「じゃがいもとトマトは同じナス科」、「じゃがいもは根っこでなく茎が変化したもの」など、大人も知らない知識がたくさんありました花丸

その後畑に移動し、じゃがいも掘りを行いました!

参加した子どもたちは、ビニール袋いっぱいになるまでじゃがいもを採っていましたキラキラ

みなさん!お疲れ様でした興奮・ヤッター!

『親子でジャガイモ掘り体験』直前情報

『親子でジャガイモ掘り体験』直前情報

※予定どおり実施します

※当日欠席の場合、電話等での連絡は不要です

・受付 

10:15~10:30

・ジャガイモ掘り

10:30~11:30

・駐車場

正門からお入りください

(体育館前の門です)

※本校生徒がご案内します

・参加費

1組500円

・収穫したジャガイモを入れる袋は準備してあります。

・作業用手袋、長靴等が必要な方は各自で用意

※前日に雨が降ったため、少し畑がぬかるんでいます。

 

 

「こだま学:2学年」夏のミッション作戦会議①

 

6月20日(木)の2学年の「こだま学」は、夏のミッション作戦会議を行いました。

協力団体の方々から提示された夏のミッションを確認し、夏休み期間を利用してチームで取り組むことについて検討しました。

 

分野によって、インタビューや現地調査、観光資源づくりなど…様々なミッションが課されています。

生徒たちは質問内容や訪問日程、調査対象などの確認を行い、課されているミッションについてチームごとに理解を深められたと思います。

 

次週の「こだま学」は、夏のミッションでフィールドワークを実施するチームは協力団体へ訪問アポをとる予定です。

小学生対象:動物ふれあい体験

 本日6/20に本庄市立金屋小学校の1,2年生を招いて動物ふれあい体験を開催しました!

 

 児玉高校では、多くの動物も飼育しています。今日はその中でも比較的触れ合いやすい動物たちと実際に触れ合ってもらいました。

 今回の体験会のレクチャーはほとんど高校生に進めてもらいました!初めに触り方や注意点を教えてもらいましたが、その口調は子供たちにしっかり合わせており、さながらイルカショーのインストラクターが如く、皆堂に入った風格が漂い始めていました。

 

 子供たちの中にはヤギや羊を見るのは初めての子も多く、興味津々で撫でていました。しかし、うま(のぶこ)は子供の体格からするとかなり大きく、少し怖がりながらそろそろと手を伸ばしていました。

 金屋小学校の皆さん、今日はありがとうございました!

 是非また動物たちに会いに来てくださいね!

高校生花いけバトル

 先日日曜日、池袋にて花いけバトルに参加してきました。

 参加したのは生物資源科草花専攻の2名です。

 花いけバトルというのは耳慣れないと思いますので簡単にルールを説明します。

 参加者は2名一組となって生け花を作っていきます。

 制限時間は5分間で、半分過ぎたところでいける人員を交代します。いける花や花器は当日発表となるため、即興力と二人のデザイン性、協調性が試されます。

 また、審査は、5分間を楽しく、元気よく花をいかにいけていたかを評価する「表現点」と、完成した作品そのものを評価する「作品点」の2項目が基準となります。

 通常の生け花とは違う、高校生の溌剌とした躍動まで取り入れた新しいタイプの大会です。

 

 華道部が無い我が校から参加した二人は、今回が初挑戦でした。しかし実際に種から育てて花が咲くまでを見届ける我らが生物資源科の精鋭ですから、他のチームに花を愛でる力で引けは取りません。いけた作品も躍動感が伝わってくる素晴らしいものとなりました。

 

 今回の経験を生かして、来年度以降も積極的にこの大会へ参加していく所存です。

 また、この大会の模様がyotutubeにアップされておりますので、興味のある方は、是非見てみてください!

リンク:全国高校生花いけバトル 関東大会 2024

選手紹介:3:33~

試合模様:1:11:54~

小学生田植え体験

 本日6/17に本庄市立金屋小学校の5年生を招待して、田植え体験を開催しました。

 児玉高校の裏手には、広々とした田園があります。緑も濃くなるこの時期、子供たちにも田植えを手伝ってもらいます!

 

 今回は、写真のように古式ゆかしく三角田植え枠(三角枠)を使用しました。まず、田植え枠に沿って苗を植え、枠をコロンと転がして次の苗を同じように植えていく算段です。初めに生物資源科の生徒が見本を見せ、子供たちがそれを真似して植えていきます。

 面白そうに田んぼに足を入れてはしゃいでいる子供たちでしたが、植えれば植えるほど、そのスピードも精度もよくなってきて、流石子供は呑み込みが速いと舌を巻いてしまいました。いつの間にやら下のズボンが泥だらけなのもこの際ご愛敬、微笑ましい光景でした。

 また、子供たちと接していると、児玉の生徒達も普段より遥かに大人びてきます。自分より年下の面倒を見るというのは、ちょっぴり人を成長させてくれるのでしょう。

 

 金屋小学校の皆さん、本日は暑い中ありがとうございました!

 また秋には今日植えた稲の稲刈りも予定しています。またお願いしますね!

「こだま学:2学年」キックオフミーティング振り返り

6月13日(木)の2学年の「こだま学」は、先週実施したキックオフミーティングの振り返りを行いました。

 

各団体から提示された1年間取り組む課題に対して、課題解決の先行事例の調査を行いました。それぞれのグループで、タブレット端末を使用し近隣の学校や他県の事例を調査し、結果をワークシートにメモ書きしていました。

活動の中で生徒の中から「こんな解決策もあるんだ!」「ここからこうするといいんじゃないかな?」という発言が見られました。新たな発見や課題に対する考えを深めることができたと思います。

その後、夏休み期間に取り組む「夏のミッション」について内容の確認をしました。ミッション遂行のために、グループで意見を出し合う生徒たちの姿を見ることができました。

 

※前回のキックオフミーティングの様子(HP記事はこちら

電子機械科「電気工事士技能・電子機器組立て」補習始まる

今年度、国家試験「第2種電気工事士」「電子機器組立て」(技能検定)の補習が始まりました。電気工事士では、筆記試験合格ラインに達していた2年生2名が技能試験合格に向け、ほぼ毎日放課後の補習が開始。また、3級技能士「電子機器組立て作業」試験受験の3年生7名は7月中下旬の筆記試験と実技試験に向け水曜日を中心に補習が組まれています。この姿を見た同級生や後輩たちが次は、資格取得に興味を持ち、受験することを期待しています。

【第2種電気工事士】

   

【3級技能検定_電子機器組立て作業】

  

「こだま学:1学年」振り返り活動・発表練習

6月13日(木)の総合的な探究の時間では、6月6日(木)の講演会の振り返りとして、グループになり1つのキーワードについて、深く調べ(情報収集)、Jamboardを使って、情報の整理、まとめ(整理・分析)、最後に発表練習を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jamboardの使い方もすぐにマスターして、それぞれのグループで特徴のあるスライドを完成させました。初めてのグループ発表も協力しながら進められました。

次回(6/20)は、講演会2回目を実施します。

【機械研究部】学校貢献活動!?

 機械研究部は、工業棟でエコランに向けて車両の作製を普段は行っています。

エコランは、ガソリン1リットルで何キロ走るか、燃費を競う大会です。日々、低燃費な車を目指して日々奮闘しています車

今日は、学校の正門に不具合があり、普段活動している工業棟を飛び出し、出張修理を行いました期待・ワクワク

 

2年生部員(機械科)4名がアーク溶接を用いて正門の修理を行い、無事に修理を終えることができましたキラキラ

児玉高校の部活動は、学校・地域に貢献する活動もたくさん行っています!

機械研究部を始め、たくさんの部活動を体験できる『部活動体験』は6月17日(月)から申し込み開始です!

たくさんのご参加お待ちしております興奮・ヤッター! 詳細はこちらをご覧ください!

救命救急講習

 本日、児玉分署の方々をお呼びして、救命救急講習を行いました。

 今回は人が倒れているのを発見した時の動きについて、初めに隊員の方が対処法を実演し、その後、生徒達で実践していくという流れでした。

 隊員の方の解説の中で、この場の隊員は全員胸骨圧迫で肋骨を折る感触を知っている、という一節がありました。強く、素早く圧迫しなければ患者の脳は空気を求めながら死んでしまう。そのため強く押していると肋骨まで折れてしまうことがしばしばあるそうです。しかし、折った肋骨の数は、救った人数とそのまま直結するのでしょう。これを聞くと、私には隊員の方々の面持ちが一層頼もしく感ぜられました。

 また生徒たちの実習では、呼吸の確認や、胸部圧迫、AEDなど、一つ一つは簡単な操作でも、実際に通してやってみるとこんがらがって難しいと感じているようでした。ですが、1年生よりも、2,3年生のほうが手際が良いのを見るに、やはりこうした機会を定期的に設ける必要性があるのだなと再認識させられました。

 児玉郡市広域消防本部中央消防署児玉分署の皆さま、本日はありがとうございました!

ポプラサロン『ジャガイモ掘り』

6/11に恒例のポプラサロンを開催しました。

梅雨前の晴れやかな天気の中、本日は地元の方々とジャガイモ掘りを行いました。

今回も初めに生徒達に先生役としてジャガイモの品種や保管方法などの簡単な講義をしてもらい、その後、一緒になってジャガイモを掘っていきます。

ジャガイモというはまさしく生命力の塊のようであり、実際に掘り起こしてみると、採っても採っても新たに見つかり、終わりが見えない。参加者もその量に驚いていました。流石はインカ帝国や近世ヨーロッパを作り出した作物と呼ばれるだけあります。

 

前回の梅の収穫に続き、多くの方々に参加していただける上、継続的に参加してくださる方々がいることは学校としても非常にありがたいことだと感じています。今後も地域と学校のつながりを生徒たちが強く感じれるような機会を積極的に作っていきたいと思います!

「こだま学:1学年」講演会「本庄の歴史と塙保己一」


1学年総合的な探究の時間「こだま学」では、4時間をかけて探究活動のサイクルの1つ「情報収集」、「整理・分析」のトレーニングを行います。

6月6日(木)は「情報収集」の1回目として、歴史編「本庄の歴史と塙保己一」というテーマで、本庄市教育委員会文化財保護課早稲田の杜ミュージアムの松浦誠様にご講演いただきました。

 

松浦様の講演はとても分かり易く、身近な地域の歴史ということもあり、生徒も興味深い様子でメモを取りながら講演を聞いていました。

次回(6/13)は、振り返り活動を通して、「整理・分析」のトレーニングを行います。

人権教育

本日は1,2年生を対象として人権教育を実施しました。

2年生では「火垂るの墓」、1年生では人権教育映画「クリームパン」を観賞し、その中での気づきをまとめる活動を行いました。

生徒はかなり真剣な面持ちで鑑賞していました。2作とも内容的にかなり重層的な作品であったこともあり、様々なことが読み取れたと思います。

人間は現実に存在しないことを物語という形で作り出す力に長けています。国や法律や人権をあたかも現実に存在するかの如く扱うことができるのも、マナーや規範を守ることができるのも、他者の心を思いやれるのも、この力によるところが大きいです。だからこそ、小説や映画という物語を通して、人の心の機微や社会の問題を感じ取り、自分事として考えるという活動は、非常に意味のあることだと考えています。

児玉高校では、今後もこうした人権教育を取り入れ、豊かな情操と他者に対しての想像力を欠かさない生徒の育成に努めてまいります。

 

また、明日は3年生を対象とした「就職差別をなくすために」を実施予定です。

教育相談週間6月7日(金)~14日(金)

 本日から令和6年度「教育相談(三者面談)」が始まりました。3年生は、主に進路についての相談、2年生は、修学旅行・進路・生活面などについて、1年生は、高校生活の様子や中間考査など、担任の先生との面談を通して今後の高校生活が有意義に過ごせるように活かしてください。保護者の皆様には、お忙しい中、来校していただきありがとうございます。

  

  

 

『親子でジャガイモ掘り体験』(申し込み)

※申し込みはこのページの下にリンクがあります

児玉高校『親子でジャガイモ掘り体験』

1 日時

 令和6年6月22日(土)

 10:30~11:30

 (受付:10:15~)

2 場所

 児玉高校

 (本庄市児玉町金屋980)

3 対象

 幼児・小学生とその家族 20組

4 参加料

 500円(1組)

5 申し込み

 本校ホームページ

6 持ち物

 汚れてもよい服装・農業用手袋・飲み物など必要に応じて

※雨天の場合は当日9:00までにホームページでお知らせします

申し込みはこちら

「こだま学:2学年」キックオフミーティングを実施

 

6月6日(木)の2学年の「こだま学」では、地域協働探究のキックオフミーティングを行いました。

 

児玉地域の方々12団体にご協力いただき、1年間生徒と取り組む課題を事前に考えていただいていました。

今日は課題を生徒に提示し、夏休み中に取り組むミッションを紹介していただきました。

生徒たちは講師の方々の話に真剣に耳を傾け、メモを取り、たくさんの質問を投げかけていました。緊張していた生徒も多かったですが、良い雰囲気でキックオフミーティングを終えることができました。

 

昨年度1年間で取り組んできた知識、経験を活かし、今年度の「こだま学」を遂行してもらえればと思います。

 

<協力団体一覧>

本庄市立児玉小学校、本庄市立金屋小学校、児玉の森こども園

児玉地域包括支援センター、児玉警察署、JA埼玉ひびきの児玉支店

solFlows、パンとお菓子 マロン、本庄市観光協会児玉支部

内藤建設工業株式会社、JR東日本高崎支社、山下ゴム株式会社

 

【3学年】合同企業説明会に参加をしてきました

本日6月5日(水)に3年生の就職希望者が、深谷ビッグタートル(深谷市総合体育館)で開催された埼玉県北部地域合同企業説明会に参加をしてきました。

 

現地では150を超える各企業のブースがあり、生徒たちはそれぞれの関心のある企業を中心に、多くの説明に真剣に耳を傾けていました。

  

  

 

高校生の求人情報が解禁されるのは来月7月1日。以降求人票もたくさん学校に届きます。いよいよ進路実現に向けての活動が本格的になりつつありますので、ぜひ後悔のない選択をしてください!

梅収穫交流会

5/31の5,6時間目に、ポプラサロンの方々との梅収穫交流会を開催しました。

環境デザイン科の生徒が、集まってくださった方々に梅の種類やもぎ方、選別方法などを説明し、一緒に実践していきました。

いつもは教師から教わる側ですが、反対に学んでいることを誰かに話したり、教えたりする中でわかることも多いものです。生徒たちにとってはとても貴重な経験となったと思います。

ポプラサロンの方々、本日はご来校いただきありがとうございました!

児玉高校では、今後もこうした地域の方々との交流を大切にしていきたいと思います。

体育祭!!

 5/30は絶好の体育祭日和となりました。

 児玉高校体育祭では、全校生徒が三国志よろしく赤・青・黄の3チームに分かれて覇を競います。大玉送りやリレー、長縄跳びなど、これぞ体育祭といったトラディッショナルな種目が目白押しで、生徒たちも全力で競技に臨んでいました!

 

 さらに、午後にはサプライズで第四勢力の教員勢も参戦!明日の体の悲鳴も顧みず、生徒達と本気でぶつかり合いました!

 

 掛け声と歓声の絶えない活気ある体育祭となりました。

3年生「進路説明会」

 5月27日(月)中間考査後、体育館で、これから始まる進路活動について「進路説明会」が行われました。3年生にとっては、将来の進路を見据え考える大事な時期になってきます。今後の進路活動について、進路指導主事の寺瀬先生より説明がありました。本人、保護者、学校がタッグを組み、後悔のない進路選択ができるよう進路決定まで頑張りましょう。

1年生「中間考査」の様子

 5月22日(水)~27日(月)4日間の中間考査がお疲れさまでした。1年生にとっては、高校生活初めてのテストで緊張や不安でいっぱいだったとでしょう。勉強した成果が結果に表れるといいですね。結果を楽しみに。問題を解いている様子を紹介します。

   

  

整容指導

本日全校一斉に整容指導を実施しました。

服装が整うと、自然と気持も整います。すると、自然と教員もやる気が増します。また、地域の方々も街中ですっきりした服装の生徒を見れば、少しだけ気分が良くなるのではないかと思います。

 

生徒、教員、地域の方々、全員が気持ちよく過ごせるよう、今後も小さなところまできめ細かく指導を行ってまいります!

2学年:進路漫才

 

5月27日(月)の中間テスト終了後、学校訪問ガイダンスを2学年対象に実施しました。

講師として、お笑い芸人「かにゃ」をお招きし「進路漫才 〜知ってることで得をする〜」という演題で漫才形式のガイダンスを行いました。

高校生のうちに、知っておけばよかった情報や気をつけないといけないポイントを自身の経験を交えてお話をしていただきました。

笑いを交えながら、わかりやすく丁寧に生徒に伝えてくれました。

その後、話を聞いた上で6月5日(水)に実施予定の進路ガイダンスの希望調査を行いました。

2年生のうちに意識しなければいけないポイントを忘れずに、日々の生活を過ごしてほしいと思います。

生徒総会

本日5月16日の6限に生徒総会を行いました。

生徒総会は全校生徒で集まり、学校生活に関わる議案について検討する催しです。

今回俎上に載せられた今年度予算案などの議題は、無事すべて議決されました。

こうした行事の中で、生徒一人一人の手で学校はよりよくしていけるということを実感してもらいたいです。

「こだま学:2学年」キックオフ準備を実施

 

5月16日(木)の2学年の「こだま学」では、6月6日(木)に実施する予定のキックオフミーティングの事前学習を実施しました。

 

各分野で提示していただく「1年間取り組む課題」の読み合わせを行い、企業・団体の方々に自分自身の事を知ってもらうための「私の取扱説明書」を作成しました。

 

6月6日のキックオフミーティングでは、関係団体の皆さまと1年間課題を取り組むために『関係を育む』『課題について知る』ことを目的にしています。

本時の授業で課題について理解を深めることができ、スムーズにキックオフ当日を迎えられると思います。

令和6年度公開授業

5/11(土)の6限に公開授業を行いました。

昨年度より参加人数も増え、大変盛況となりました。生徒たちもいつもと違った雰囲気の中で授業に臨めたと思います。今後もこうした機会を設け、保護者の方々と連携しながら教育に取り組んでいく所存です。

本日はお忙しい中、お越しくださり誠にありがとうございました!

農業クラブ意見発表校内大会の実施

5/10の5、6限を利用して農業クラブの意見発表校内大会を開催しました。意見発表校内大会とは、身近な問題や将来の課題について抱負や意見をスピーチ形式で述べる取り組みで、今回は12名の生徒が発表してくれました。発表の模様はオンラインで生物資源・環境デザイン科の生徒全員で共有しました。発表者の主体的に問題へ取り組む態度が伝播し、皆に良い影響を与えてくれたと思います。

発表してくれた皆さん、お疲れさまでした!

また県大会へ進むことになった3名は、次回も頑張ってください!

「こだま学:2学年」図書館司書による講義を実施

5月9日(木)の2学年の「こだま学」では、探究サイクルの1つ『情報収集』にフォーカスした講義を行いました。

 

図書館司書の髙木さんにご協力いただき、『情報と引用と出典 ~「情報メモ」を書く~』というタイトルで講義・演習を行いました。

生徒たちは選択した分野ごとに分かれ、講義を聞きました。

媒体によって”確かな”情報、”新鮮な”情報と異なることや得られた情報を利用するためのメモの取り方、引用の仕方、出典の見方などを具体例を交えて紹介していただきました。

その後、演習として各分野ごとに出された『お題』に取り組みました。

生徒たちは与えられた『お題』をタブレットを使用して調べ、結果を情報メモにメモ書きしていました。

 

情報を引用する場合、出典先を正確に記載しなければなりません。そして、その情報が正しい物なのかをきちんと評価する必要があります。

今後、探究活動をしていく上で必須となる『情報収集』や『整理分析』、本日の活動を経て生徒たちは1つレベルアップできたと思います。

 

朝学習の様子

児玉高校では、朝学習(8:40~8:50)を全クラスで取り組んでいます。約1ヶ月が過ぎ、朝学習に取り組む姿勢が習慣になってきました。

1年生の様子

   

2年生の様子(タブレットで実施)

  

3年生の様子(一般常識問題集で実施)

  

電子機械科1年生 表面実装部品「ハンダ付け」実技指導

5月7日(火)電子機械科1年生の工業技術基礎の時間に、ものつくりマイスターの田口さんをお招きし、小さな部品(3.2mm×1.6mmの抵抗やトランジスタなど)のハンダ付けの実技指導を行いました。米粒くらいの小さな部品をハンダ付けするのは、初めての経験で最初は戸惑っていましたが、慣れるにつれ上手に取り付けていました。このハンダ付け作業が来週からの実習に役立てられることを期待します。

   

  

「こだま学:2学年」特別講義を実施

 

5月2日(木)の2学年の「こだま学」は、課題解決型学習を実施していくための特別講義を行いました。

講師として、本庄市企画課の矢本氏、平野氏をお招きし「本庄児玉地域の現状」をテーマに講義をしていただきました。

 

児玉の地域資源や本庄市の人口動態、まちづくりについて説明していただきました。生徒は真剣に耳を傾け、メモをとっていました鉛筆

 

その後、人口減少の原因や生じている課題、課題の解決策などを考えるグループワークを行いました。

 

グループごとに考える分野を選択し、それぞれの問題点や解決策について考え、考えた内容を共有しました。

 

地域の方々と協働して課題を解決していくためには、本庄児玉地域の現状を把握している必要があります。

議論する時間はわずかな時間でしたが、本庄市が現在取り組まれている大きな課題を知り、その考えを深められたと思います。

 

令和6年度 離任式

本日は、今年転退職された先生方の離任式を行いました。

出席されたお二方には、生徒たちに最後の挨拶をしていただきました。

お世話になった先生方の思いを受け、生徒一人一が緊褌一番、頑張っていけることを切に願っています。

「こだま学:2学年」チームビルディングを実施

 

昨年度から実施している「こだま学」、1年間を通して児玉地域の歴史・文化・産業を知る活動や探究活動のノウハウを学んできました鉛筆

 ※昨年度の活動の様子

進級し、2年生となった生徒の皆さんが取り組む今年度の「こだま学」はパワーアップ!!

児玉地域の企業・団体の方々から課題を提示していただき、解決に向けた行動(アクション)を起こす課題解決型学習を行います期待・ワクワク

 

前回のオリエンテーションを経て、本日はチームビルディングを実施しましたグループ

今回の授業が、1年間取り組むチームの初顔合わせとなりました。

お互いを知るためにチームビルディングとして『噓あり自己紹介』を行いました。

どのチームもとても和気あいあいとして、『噓あり自己紹介』を通してチームは打ち解けていました。

 

その後、取り組む分野の希望調査を実施しました。チームで希望を話し合い、チーム総意の分野希望調査ができたと思います花丸

「こだま学」始まります!

児玉高校では昨年度から、総合的な探究の時間を使い、地元児玉町について学習する「こだま学」を実施しています。今年度もこの取り組みを実施するにあたり、本日、新入生を対象としたこだま学のオリエンテーションを行いました。

今年も地域の方々と協力し、児玉を知り、児玉を愛せる生徒を醸成すべく、全力で取り組んでいきたいと思います!

ほんじょうFMに本校生徒が出演しました!

 

本庄市内を中心に配信している「ほんじょうFM」の番組「Crossroad Café(クロスロード・カフェ)」に本校校長と生徒2名がゲストとして出演しました。

番組では、生徒が昨年度の「こだま学」についてお話をさせていただきました!

※Crossroad Caféは、毎週土曜日 2:00PM - 2:50PMで配信中です。

※前回の出演記事は こちらをご覧ください。

自転車鍵かけキャンペーン

今年度「自転車マナーアップ推進校」に本校が指定されました!

それに伴い、本日は児玉警察署生活安全課の方々に協力いただき、自転車鍵かけキャンペーンを開催しました。

生徒の安全確保のためにも、今後も交通安全意識を高める指導を実施していく所存です。

 

 

令和6年度 「入学式」

4月8日(月)13:30から「令和6年度 入学式」がPTA会長をはじめ多くの来賓の皆様の出席をいただき、盛大に行われました。今年度は、新入生195名が担任から呼名され校長より「入学許可」が宣言されました。新1年生の皆さんは、新しい学び舎で将来の夢に向かって勉強・部活動・学校行事等に頑張っていただきたいと思います。

   

  

令和6年度 着任式並びに始業式

 4月8日(月)令和6年度がスタートしました。コロナ禍以降久しぶりに体育館での着任式並びに始業式が行われました。今年度は、新たに17名の先生や事務職員の方々が着任されました。校長講話では、「いつまでに、何を達成するか、いつまでにどのような技術や技を身に着けるか」というタイムスケジュールが大切だという話を昨年しました。3年生は時間が限られています。どちらかと言えば、新たな技術を身に着けるというよりは、今まで積み重ねてきたものに磨きをかけて勝負するということになると思います。2年生は、今の自分には、何ができていて、何ができていないのかという、客観的な自己分析を行い、タイムスケジュールを立てて、今後の勝負に繋げてください。【抜粋】開校2年目の児玉高校を皆さんの力で盛り上げていってください。と話されていました。令和6年度、1年間より良い高校生活を送れるよう期待しています。

 

終業式

 3月22日(金)、3学期終業式を実施致しました。

 はじめに、校歌斉唱、その後、校長講話が行われ、生徒達は、熱心に耳を傾けていました。

 春休み期間も、規則正しい生活を心がけ、4月8日から始まる新年度に向けて、準備をしっかり行って下さい。

 

 

 

    

 

        

全校集会

 3月21日(木)、全校集会を実施しました。

 はじめに、生徒指導部長講話その後、表彰式を行いました。

 表彰式では、足利大学技術・アイディアコンテスト、埼玉県書初め中央展覧会特選賞、優良賞、埼玉県高等学校写真連盟北部地区写真展優秀賞、3級造園技能士、校内読書感想文コンクール優秀賞、入選など21名の生徒が表彰されました。

受賞者の皆さん、おめでとうございます花丸

 

   

   

 

入学許可候補者説明会

 3月18日(月)、入学許可候補者説明会を実施いたしました。

 当日は、実習服や教科書購入から始まり、説明会では、芸術選択について、また、学習用個人タブレット端末について、教務関係、生徒指導関係、保健、事務室、渉外関係などの説明を行いました。

 大変強い風の中、お越しいただきありがとうございました。

 また、長時間にわたり、お疲れさまでした。

 新年度、楽しく有意義に高校生活を送ることが出来ますよう、しっかり準備して入学式に臨んでいただけたらと思います。

 

    

 

    

 

    

児玉高校 × マロン × solFlows『だまこうドック』を販売します!

 

3月15日(金)12時より、数量限定で飼育した豚を加工したハム、ソーセージを販売しました。

 

時間前から多くの市民の方に来ていただき、15分で完売となりました期待・ワクワク

 

コラボは続きます!

3月17日(日)は、solFlowsさんのOneday CAFEでマロンさんのパンを使用したコラボドック『だまこうドック』を限定70食で販売します!

お時間のある方はぜひお立ち寄りください!

※solFlowsさんのHPはこちらをご覧ください。

【電子機械科】マイスターによる「シーケンス制御」実技指導

 3月14日(木)電子機械科では、1年6組生徒対象に来年度の授業に向けた「シーケンス制御」の実技指導を実施しました。今回はマイスターの栗原さんを招聘して一般的に使用されている信号機などの例を示しながら、技能検定「シーケンス制御作業」試験で出される問題などわかりやすく指導していただきました。生徒たちの感想としては「始めは、正直難しいと思いましたが、丁寧に教えていただいたので、分かりやすく楽しくできました。自分で組んだ回路が実際に動いているのを見るととてもうれしく感じました。」とみんな楽しくできたようです。今回の経験を来年の授業や技能検定試験に活かして欲しいと思います。

  

 

卒業式

 3月11日(月)、多数のご来賓、保護者の皆様列席の下、卒業証書授与式を挙行いたしました。

 140名の生徒達が新生 児玉高校第一期生として、新しい一歩を踏み出しました。

 皆さんの輝く未来に、幸多からんことを心から願っております。

   

 

    

 

    

 

     

 

    

 

    

 

    

 

    

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 

 

 

ー主役を待つ教室にてー

 

          

 

          

【電子機械科】学校間協働授業

本年度電子機械科では、同じ課題に対して他校の生徒とその成果を競い合う「学校間協働授業」を実施しました。
この授業では、普段学んでいる学習の成果を確認する意味と、自校外の生徒がどのようなスキルを持ち学習しているかを比較し自己を見つめなおす機会とすることを
目的としています。また、自分たちの学科と違う学科の生徒とこの授業を行うことで、それぞれの専門性についても理解を深めようと企画しました。
今回協働授業を行ったのは、埼玉県立三郷工業技術高校電気科3年生と、本校電子機械科1年生です。

今回のテーマは「4足歩行ロボットの歩行プログラムを考える」です。
同じ設計の機体を使い、ソフトウェアの作り方をそれぞれの学校で考え、50cmの徒競走を行いタイムを競います。

まず、令和5年12月5日(火)に三郷工業技術高校に対して「歩行ロボット」に関する授業をオンラインで行いました(授業者は児玉高校教員)。
ここでは、ロボット工学の初歩と4足歩行の仕方、プログラムの方法などを授業しました。


そして、同じ内容の授業を令和6年1月23日(火)に本校1年生へ対面授業で行いました。
その後、授業者は開発に関わらないことを条件に、それぞれの学校でプログラム開発を行いました。

令和6年2月6日(火)にそれぞれの学校の代表ロボットを、オンライン上で競争させました。


両校ともスムーズな歩行ができましたが、三郷工業が10秒、児玉高校が20秒という結果でした。

その後お互いの工夫点などの情報交換や、お互いの地域のことなどを伝え合ったりしました。

今後も電子機械科では、他校と様々な取り組みを行っていきたいと思います。

【電子機械科】金屋小学校・ロボットプログラミング授業

令和6年2月5日(月)、本庄市立金屋小学校の児童の皆さんが、電子機械科に遊びに来てくれました。

普段も学校の授業でプログラミングを行っているそうですが、今日は電子機械科で作ったロボットを動かしてもらう体験をしてもらいました。

1時間足らずの授業で、多くは実験できませんでしたが、楽しそうにロボットを動かしていました。

金屋小学校の皆さんありがとうございました。またいらしてください。

   

 

「こだま学」次年度に向けた特別講義を実施

 

1月25日(木)の午後に1学年対象に来年度の総探「こだま学」で実施する予定の地域探究で、整理分析し検討した内容を”効果的に”発信する手法を養う特別講義を実施しました。

一般財団法人 地域活性化センターより竹村様、新井様、森様、麻岡様を講師に迎え、「伝え方のデザイン」という演題で講義をしていただきました。

本講義は2部構成で実施しました。

第1部の5限は、「何を伝えるのか」「どう伝えるのか」という2つの視点から伝え方のポイントを、生徒たちが2学期に作成したポスターを用いて説明していただきました。

第2部の6限は、生徒たちが作成したポスターをピックアップし、良い所を紹介していただき、さらに良いポスターにするためのポイントをわかりやすく教えていただきました。

 

普段、何気なく見ていた新聞やチラシ、ポスターは様々な伝える工夫をしているということも本講義を通して知ることができました。

今回の講義で得た知識を、来年度の探究活動で成果を”伝える”際に活用していきたいです。

地域活性化センターの皆様、ありがとうございました。

【機械科】課題研究発表会

令和6年1月25日(木)に工業棟製図室にて、令和5年度機械科課題研究発表会を実施しました。

1・2年生で学んだ基礎的な知識・技能をもとに、各自が持つ課題を解決するべく1年間取り組んできました。

 

 

 

今年度は

1 スマートボール製作班

2 ポプラ祭入場門製作班

3 車体改造班

4 ものづくり班

の4班に分かれて研究を行いました。

いずれの班も今までの成果を細かに発表することができ、この1年間の取り組みが有意義なものであったことが伺えます。

 

会場には2年生がおり、来年時に実施する課題研究の内容について思いを馳せながら聞いていました。

全体の発表後には校長先生より指導講評をいただき、「気づく」ことの大切さについてお話しいただきました。

3年生の皆さん、大変お疲れさまでした。

また、会場にはポプラサロンの方々が数名お越しいただき、発表をご覧になられました。

今後も地域との連携をより強固なものとしていけるように、そして、地域課題の解決を見出し、解決への糸口を探れるように様々な教育活動を展開していきます。

この度はご来校いただき、誠にありがとうございました。

 

【電子機械科】課題研究発表会

令和6年1月24日(水)に工業棟PC室にて、令和5年度電子機械科課題研究発表会を実施しました。

3年生が1年間、これまでに学んだ専門技能を生かし、自ら課題設定してその解決に向けて取り組んできた成果の発表です。

本年度は

1 メダルゲーム製作:コイン落としのゲームを製作

2 資格取得:「電子機器組み立て技能検定」「P検準2級」取得

3 エレクトロニクスルーレット製作:電子ルーレットをマイコンで製作

4 地域連携:地域へ児玉高校電子機械科の魅力を伝えるにはどうすればよいかを考え実行する

の4班で実施しました。

各班とも、今までの成果を発表し、課題解決に向けた取り組みのプロセスなどを細かく説明していました。

2年生は、次年度の自分たちの取り組みの事を考えながら真剣に聞いていました。

3年生のみなさんお疲れさまでした。

 

【電子機械科】マイスターによる「機械検査」実技指導

 1月23日(火)電子機械科では、1年6組工業技術基礎の時間で技能マイスターの松田さんを招聘して技能検定「機械検査作業」の内容、会社での必要性についての講話とノギス・マイクロメータ・その他工具の使い方、測定方法、読み方の実技指導を実施していただきました。生徒たちは、初めて使用する工具で材料の測定を夢中になり行い測定値が合うと自信に満ちた顔をしていました。今回の経験を2年生以降の授業や技能検定試験に活かして欲しいと思います。

   

  

 

サッカー部 活動報告 ~2023年シーズン下半期~

こんにちは。サッカー部です。

今年もよろしくお願いいたします。

前回の投稿から半年以上も経ってしまいました。

2024年は継続的に更新していけるようにしていきたいと思います。

期間が空いてしまいましたが活動報告をさせていただきます。

 

〇U18SN3リーグ

9月 3日 第8節 対 鴻巣  △3-3

9月17日 第9節 対 寄居城北 △1-1

2勝3分4敗 勝ち点9 9位

 

〇秋季大会

11月 4日 対 深谷 ●0-3

11月11日 対 小川 ●0-4

11月12日 対 北本 ●0-4

 

〇新人大会

1月13日 対 深谷商業 ●0-11

 

選手権が終了し残っているリーグ戦でしたが2試合とも引き分けに終わりました。

両試合とも接戦の中、粘り強く戦い勝ち点を取ることができたのは今年1年戦ってきた成長の証だと思います。

3年生は最後の試合となりましたが先輩として最後まで引っ張ってくれました。

1,2年生は3年生の背中から学んだことを生かしていってほしいです。

 

秋季大会では新チームとなり初の公式戦でした。

11人ちょうどで臨んだ大会でしたが、3試合とも球際や切り替えの部分で後手に回ってしまい3連敗で終了し、新チームでの難しさを感じた大会となりました。

 

年が明けての新人大会ではより厳しい戦いとなりました。

ケガ人や体調不良者などで人数が揃わない中スタートしましたが、人数が少ないながらも途中まで0-0の試合を展開することができました。

前半終了際に失点してしまい、その後も立て続けに失点を重ねてた結果、0-11の敗戦となりました。

 

新人大会が終了したことで2023年度シーズンが終了しました。

今シーズンを振り返ると、より粘り強く戦えるようになったと感じました。

その結果、リーグ戦では勝ち点を積み重ねることができ、選手権では1勝をあげることに繋がりました。

来シーズンはチームや個人として成長し、よりよい経験ができるよう”明るく、楽しく、元気よく”活動していきたいと思っています。

今シーズンもたくさんの応援、誠にありがとうございました。

引き続き児玉高校サッカー部をよろしくお願いいたします。

文責:顧問 髙橋

【電子機械科】知識構成型ジグソー法を用いた授業【1年電気回路】

令和6年1月18日(木)2限目に、1-6の教室にて、ジグソー法を用いた研究授業が行われました。

研究授業は先生方が、指導方法についてお互いに学びあうためのものです。今回は「電気回路」の授業で、「静電気」の単元を学習しました。

この時間まで、コンデンサに蓄えられる電気エネルギーについて学習してきたのでその応用です。今回のエキスパートは「充放電回路」「コンデンサの特性」「発電装置」について学び、これらを組み合わせて、コンデンサに充電した電気で走らせる模型自動車のレースを最後に行いました。

各班とも、一生懸命に取り組みすべての班ではありませんでしたが、最後に車を走らせることができました。

生徒の皆さんも、普段以上に知識を深められ楽しそうに取り組んでいました。

  

 

「こだま学」次年度に向けたワークショップを実施

 

1月11日(木)の午後に1学年対象に来年度の総探「こだま学」で実施する予定の地域探究で、問題意識や解決力を養うワークショップを行いました。

株式会社Prima Pinguinoから小野様、大谷様の2名を講師に迎え、「『解決策を考える』を考える」という演題で講義とワークショップを行いました。

「ある施設の利用者を1.5倍にする」というミッションを共通で提示し、どの客層に目を向け、状況を把握して、解決していくのかをKJ法を利用してグループごとに考えました。

来年度の「こだま学」で行う探究活動を一部を生徒たちに体験してもらい、意識付けをすることができました。

ネットリテラシーの特別授業を実施

 

1月11日(木)の5限(総探)に、3年生普通科対象にネットリテラシーの特別授業を行いました。

講師として、株式会社ディーアイケイの金子様、小久保様に来ていただき「SNSの教習所」という演題で講義をしていただきました。

本日は、1コマ目。内容は「加害者にならないために」でした。

社会問題にもなった寿司テロやバイトテロ、誹謗中傷など様々な事例を紹介していただき、被害状況やどんな罪になってしまうのかを説明してくださいました。

3学期始業式

 1月9日(火)、3学期始業式を実施しました。

 はじめに校歌演奏、続いて校長講話、その後生徒指導部長より自転車等の交通ルールやマナーについてお話がありました。

 まだまだ厳しい寒さが続きますが、体調管理をしっかり行い、年度の締めくくりであるこの3学期を無事乗り切りましょう。

 

 

   

 

   

 

ほんじょうFMに出演しました!

 

本庄市内を中心に配信している「ほんじょうFM」の番組「Crossroad Café(クロスロード・カフェ)」に本校教員が初回ゲストとして出演しました。

番組では、本校の取り組みである「こだま学」を中心にお話をさせていただきました!

※Crossroad Caféは、毎週土曜日 2:00PM - 2:50PMで配信中です。

探究活動生徒発表会に参加

 

12月26日(火)に日本薬科大学にて、探究活動生徒発表会が行われました。

この発表会は、学際的な学び推進事業「学・SAITAMAプロジェクト」、データサイエンス・AIリテラシーを活用できる高校生育成研究事業、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている高校などが集まり、1年間の探究活動の成果を発表する場です。

児玉高校は口頭発表2組、ポスター発表3組を行いました。

【口頭発表:環境デザイン科3年生】

【口頭発表:電子機械科3年生】

【ポスター発表:総探(1年生)】

生徒たちはとても緊張していましたが、今までの探究活動の成果として作り上げたスライドやポスターを他校の生徒たちや一般の方々に堂々と説明し、質問にもしっかりと答えていました。

他の学校の発表を聞くことで、生徒たちはとても良い刺激になったと思います。

この発表会で得たことを次年度の活動に活かしていきましょう。

1日お疲れ様でした!!

終業式

 12月22日(金)、2学期終業式を実施致しました。

 はじめに、校歌演奏、続いて校長訓話が行われました。

 リモートにより各教室へ配信され、生徒達は、2学期最後の校長先生のお話に熱心に耳を傾けていました。

 生徒の皆さん、冬季休業中も規則正しい生活を心がけ、体調管理をしっかり行って、3学期も元気に登校してください。

 

 

    

 

晴れ皆さん、よいお年を(レオナルド)花丸

全校集会

 12月21日(木)、全校集会を実施しました。

 はじめに、生徒指導部主任より、交通安全について・学校生活やSNS利用について・人間関係等についてルールやマナーなどのお話がありました。

 続いて、表彰式が行われました。

 全国書道展奨励賞等、伊藤園新俳句大賞佳作特別賞、埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト、ものつくり大学デザインコンテスト、秋季大会北部支部柔道大会、埼玉県技能競技大会電子機器組み立て作業優秀賞、アイデアロボットコンテスト、電子機器組み立て技能士3級合格等、造園技能検定3級合格など多くの生徒が表彰されました。

受賞者の皆さん、おめでとうございます!

 

 

   

 

 

 

令和5年度 防災訓練・交通安全教室を実施いたしました。

令和5年度 防災訓練及び、交通安全教室を実施いたしました。

 

防災訓練では、教室から体育館に速やかに避難することができました。

交通安全教室では、プロのスタントマンの方に来校していただきました。

実際にあった事故を迫力あるスタントで実演し、どうすれば事故を防げるか等の講習をわかりやすく説明していただきました。

 

令和5年度 球技大会を実施いたしました。

令和5年度 球技大会を実施致しました。

 

今年度はドッジボールとバレーボールを実施致しました。

どのチームも本気で一生懸命取り組み、

大きなケガ等も無く大会を終えることができました。

お疲れさまでした。

 

 

 

総合的な探究の時間で講演会を実施

 

11月30日(木)の5限に

1学年と2、3年普通科対象に講演会を行いました。

 

本校の学校運営協議会のメンバーでもある大東文化大学スポーツ・健康科学部准教授の佐藤真太郎先生を講師としてお招きし、『スポーツ科学を利用したトレーニングについて』という演題でご講演をいただきました。

速く走ることのできるピッチとストライドの関係や足の着き方、筋スタミナや乳酸についてなどをデータを用いてわかりやすく説明してくださいました。

 

6限の時間には、旧児玉高校体育コース2、3年生対象にスプリントトレーニングの実技指導をしていただきました。

今回の講演会のテーマ『スポーツ科学』は科学的視点で種目を深掘りして見ていくと、高校で現在学んでいる教科を横断して成り立っている学問だとわかります。

体育はもちろん、生物や化学、物理やロボット工学など様々な学問の中で出てくるキーワードが本講演会にも出てきました。

生徒たちは教科を横断している学問を専門の先生から直接聞くことができ、とても貴重な時間となりました。

「こだま学」竹あかり展示イベントに参加

 

11月22日(水)~26日(日)の期間に本庄市民文化会館にて、

早稲田BAM部主催の竹あかり展示イベントが開催され、本校の竹あかりも展示されました。

<本校生徒の作成した竹あかり>

期間中、約1,500名以上の方々に竹あかりを見ていただくことができました。

ご来場いただき、ありがとうございました期待・ワクワク

「技能者表彰」成績優秀者5名

11月29日(水)第30回彩の国職業開発促進大会「技能者表彰式」が埼玉会館で行われました。本校では、環境デザイン科3年鳥羽彩杏さんが「3級造園検定」、電子機械科3年猿渡元紀さん、荻野悠翔さん、菅野直樹さん、星野来弥さんが「3級電子機器組立て」、荻野悠翔さんが「3級シーケンス制御」で成績優秀者として5名が表彰されました。来年度以降も後輩たちが、続くことを期待しています。

【電子機械科】1学年 トレース技能検定 全員合格!

令和5年度第52回 トレース技能検定試験の検定結果が発表されました。電子機械科では1年生で全員が4級を受検します。

生徒は検定日まで製図の時間に学んだ復習を繰り返し勉強を続けていましたが、今回きちんと結果を出すことができました。

これからも多くの資格取得を目指し頑張ります!

学校説明会

 11月25日(土)、学校説明会を実施致しました。

 普通科は白楊ハウス、農業科・工業化は体育館にて、個別による学校説明、相談会の形で行いました。

 説明会後、希望される方に、校内見学をして頂きました。

 当日は、たいへん寒い中、沢山の方にご参加いただき、ありがとうございました。

   

 

   

 

   

   

 

   

 

   

児玉中学校出前授業

 11月27日(月)、児玉中学校で出前授業を実施しました。

 実際に使用されている電気工事配線を使用し、簡易回路を作成しました。

  中学生は、楽しく授業を受けていました。

 一人でも多くの中学生に児玉高校を受験していただきたいと思います。

 児玉中学校には、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

「こだま学」活動報告④

 

11月19日(日)のポプラ祭にて、9月に実施した分野別講演会の内容をまとめたポスターと竹あかりを展示しました。

 

<ポスター展示>

<竹あかり展示>

たくさんの方々に来ていただきました!ありがとうございましたキラキラ


今回展示した竹あかりですが、竹あかりの指導をしてくださった早稲田大学BAM部主催の展示イベントにも展示されます!

 

20日(月)から早稲田大学BAM部のメンバーはNPO法人ほんじょう寺子屋と共同で着々と準備をしています!

展示イベントは11月22日(水)~26日(日)の期間で開催されます。

本庄市内の竹を使用した数百本の竹あかりが創り出す美しい空間を楽しんでいただければと思います期待・ワクワク

 

竹あかり展示イベントについてはこちらをご覧ください。(早稲田大学BAM部のHPへ飛びます)

 

ポプラ祭開催!

 

11月19日(日)にポプラ祭を開催しました。

児玉新校になって初めてのポプラ祭、たくさんの方々にご来場いただきました。

 

11月18日(土)は一般公開に先立ち、前夜祭を行いました。

<オープニングセレモニー>

オープニングセレモニーでは、有志によるダンス、歌の披露がありました。

<ポプラ祭当日>

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました笑う

 

ポプラ祭準備中…

 

ポプラ祭一般公開に向けて、

生徒たちは16日(木)から一生懸命準備をしています。

どのクラスも各学科の特色を活かした企画や学科の授業の成果物を展示しています。

いよいよ一般公開は明日です!ご来場をお待ちしております!!

 

※ポプラ祭一般公開は、事前申し込みをした方のみ入場できます。

※中学生の方はチケット無しで入場できます。(学生証必須)

 

「ニダイメ麺のきんしょう」✕「生物資源科」

 

ニダイメ麺のきんしょうと生物資源科のコラボとして、

生物資源科の授業で生徒が育てた農産物を使用したお弁当『生物資源科御膳』が教職員向けに販売されました。

生徒や教員の皆さんのおかげでおいしくいただけました!

ごちそうさまでした!

高校生国際ESDシンポジウムに参加

 

11月11日(土)に筑波大学附属坂戸高等学校主催で実施された「第12回高校生国際ESDシンポジウム」に本校生徒4名(普通科3名、生物資源科1名)が参加しました。

本シンポジウムには児玉高校以外に、熊谷農業高校、秩父農工科学高校、鳩ケ谷高校、県外からは、愛媛大学附属高校が参加しました。

 

児玉高校は農業分野の分科会に参加しました。

農業分野では、「農業×国際協力」のテーマで、「農業による国際協働活動へのユースの参加促進に関する分科会」を開きました。

分科会にはJICA筑波から5名の研修員にも来ていただき、高校生とディスカッションをしました。

研修員の国での農業分野での課題や原因を共有し、高校生の視点でどうすれば解決に近づくのかを話し合いました。

本分科会はすべて英語で行われました。英語が苦手な生徒もいましたが、英語が話せる生徒の力を借りながらディスカッションをしてくれていました。

 

分科会後には、研修員と高校生どうしの交流会を実施しました。

1日お疲れ様でした!

 

1学年「芸術の祭典」

 

11月9日(木)の6限に、1学年は学年レクを行いました。

落語協会に所属する柳家緑太様にお越しいただき、落語や寄席、楽しみ方などを紹介していただき、落語数席を披露していただきました。

生徒たちは始めて触れる落語に耳を傾け、笑いもあり良い雰囲気でした。

柳家緑太様について、詳細はこちらをご覧ください。(落語協会のページに飛びます。)

「こだま学」活動報告③

 

9月21日(木)に行われた分野別講演会で聞いた内容を基に、生徒たちは探究活動を行っています。

 

※分野別講演会の様子 ↓↓↓ ※内容についてはこちら

 

11月2日(木)で活動は3回目、それぞれのグループでポスター作成や竹あかり作成を行っています。

11月19日(日)実施予定の児玉高校ポプラ祭(文化祭)での展示に向けて、生徒たちは頑張っています!

 

活動報告②(HP記事はこちら)で紹介した早稲田大学BAM部とNPO法人ほんじょう寺子屋の方々と作成している竹あかりはポプラ祭だけでなく、11月22日(水)~26日(日)の日程で実施される竹あかり展示イベントにも本校の生徒が作成した竹あかりも展示されます!

是非、展示イベントも来ていただければと思います!

展示イベントについてはこちらをご覧ください。(早稲田大学BAM部のHPへ飛びます)

体験入学会

10月21日(土)、体験入学会を実施致しました。

リモートによる全体説明会後、農業科4講座・工業科4講座・普通科5講座の計13講座に分かれ、授業を体験していただきました。

 

当日は、たくさんの中学生、保護者の皆様に御来校いただきました。

本校では、この他にも様々な知識や技術を学ぶことが出来、多くの資格を取得 することもできます。

これから進学先を決めるにあたって、今回の体験を参考にしていただければ幸いです。

令和5年度 職員向けAED講習会を実施いたしました。

本日、職員向けAED講習会を開催しました。講師として児玉郡市広域消防本部児玉分署から三名の消防士の方をお招きして、各グループに分かれてAEDの使い方を実践的に学びました。

緊急時にはためらわずにAEDを使うことが大切とのことでした。

本校の場合、AEDは職員玄関と工業棟の入り口に設置してあります。

【柔道部】関東大会の壮行会を実施

 

10月12日(木)の体育祭の閉会式前に、関東大会の壮行会を実施しました。

10月2日(月)に埼玉県立武道館にて行われた新人大会で県3位となり、関東選抜大会へ出場する1年2組松島夏暖さんへ全校生徒がエールを送りましたお知らせ

 

関東選抜大会は10月22日(日)に、講道館にて開催されます。

頑張ってください!笑う

 

 

県大会についてはこちらをご覧ください。(柔道部のページ)

体育祭

 

10月12日(木)に体育祭を実施しました。

児玉白楊高校は4つの団に分かれ団対抗で実施、旧児玉高校はクラス対抗で毎年実施していました。

今回、新校としての最初の体育祭は3つの団(青・赤・黄)に分かれて団対抗形式で実施しました。

新校となって最初の大きな学校行事!天候にも恵まれ、とても盛り上がりました。

 

結果は…

第1位 黄色団(1-2,1-3,2-1,2-4,3-1,3-3)

第2位 赤色団(1-1,1-5,2-3,2-5,3-4,3-6)

第3位 青色団(1-4,1-6,2-2,2-6,3-2,3-5)

以上の結果になりました。

 

黄色団は旧児玉高校の体育コースが2クラスがおり、どの種目も引っ張ってくれていました。種目によっては体育コースが負けてしまう種目も多々あり、他のクラスも頑張っていました。

みなさん、お疲れ様でした!

島根県立三刀屋高校との交流

 

10月11日(水)の午前に島根県立三刀屋高校が来校し、交流会を実施ました。

 

<児玉高校の探究活動発表>

児玉高校は5本の発表を行いました。

1年生の総探からは2学期当初に実施した課題発表会(詳細はこちら)で選ばれた3名が発表を行いました。

3年生は農業・工業の課題研究の中間発表を行いました。

 

<三刀屋高校の探究活動発表>

 三刀屋高校は8本の発表を行いました。

三刀屋高校は事前に学年発表会をポスターセッション形式で実施し、この日はその中から選ばれた8本を発表していただきました。

最後に三刀屋高校の生徒と本校の発表者、生徒会の生徒が一緒に昼食をとりました。

3時間ほどの交流会でしたが、本校の生徒にとって県外の高校生との交流はとても良い刺激になりました。

探究活動を先進的に行っている三刀屋高校の発表を聞くことで得た気づきや手法を、今後の本校での探究活動に活かしたいと思います。

 

※島根県立三刀屋高校について、詳細はこちらをご覧ください。

「ニダイメ麺のきんしょう」とコラボ!!【生物資源科】

 

5月に埼玉県農業技術センターから、ブタ(品種ランドレース)を2頭導入し、生物資源科2年生が中心に飼育していきました。

飼料には本校で栽培、収穫した農作物で販売に向かないトマトやキュウリ、ジャガイモ等を使用してきました。

 

昨年度は加工品(ベーコン、ソーセージ)のみ販売しましたが、今年度は生徒から「ニダイメ麺のきんしょう」さんとコラボしたいとアイデアが出ました。

9月下旬から店主の方と交渉を重ね、ブタの骨はスープに、肉はチャーシューにすることが決まりました。

10月5日(木)にブタが出荷され、10月11日(水)からコラボしたラーメンが販売開始となりました!

10月11日(水)から150食限定で販売される予定です。

是非、「ニダイメ麵のきんしょう」さんで味わってみてください!

新校ポプラ祭(文化祭)について

R5年度ポプラ祭の一般公開日は11月19日(日)9:00~15:30です。

入場できる対象者は以下の3つになります。

⓵中学生(学生証提示)

➁本校生徒1人につき3名まで招待できるチケットをお持ちの方

③事前に本校ホームページのGoogleFormsで申し込み済の方

 ただしチケット持参者や申し込みを済まされている方についても、学校の秩序を乱しかねない,学校教育にふさわしくないと教職員が判断した場合は、入場を制限または退場していただく場合がございます。

 

チケットや申し込みフォームは現在準備中ですので、しばらくお待ちください。