校長室だより

校長室からのつぶやき その27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児玉高校の敷地には、雉岡城の名残の巨木が繁茂している。

まもなく100歳を迎えようとする本校を見守ってきた。

「最近、生徒を見かけないなあ」と淋しく思っているに違いない。

来週から学校が再開する。

巨木と共に、私もみんなとの再会を待っている。

校長室からのつぶやき その26

新型コロナウイルス感染防止のため、臨時休校が続いている。

長い教員生活で初めてのことだ。

生徒の声がしない学校は何とも淋しいが、この危機を乗り切るしかない。

家庭での課題学習は進んでいますか。

当たり前のように通っていた学校、登校できることの喜びを再認識したことと思う。

その気持ちを学校再開後に生かしてほしい。

 

今朝、夢で目が覚めた。学校で全校集会を開く夢だ。

生徒みなさんの元気な顔がそこにあり、校長挨拶に向かうのだが、体育館履きが見つからない。

気持ちが焦る。そんな場面で目が覚めた。

 

三密を避け、じっと耐えるしかない。必ず笑える日が来る。

校長室からのつぶやき その25

1、2年生が久しぶりに登校した。

教科書販売が主な目的で、時間をずらしての登校だ。

新型コロナウイルス感染防止対策の一環である。

 

廊下等で見かける生徒は、みんな元気そうで安心した。

久しぶりに会う友達との会話に笑顔が弾ける。

 

我々教職員は、年度末の仕上げと新年度の準備を並行して進めている。

そんな中、玄関前の赤松が散髪(剪定)してもらって気持ちよさそうだ。

見事な枝ぶりが姿を現した。

 

一緒に新年度を待つ(松)ことにしよう。

校長室からのつぶやき その24

本日、第72回卒業諸所授与式を挙行することができました。

新型コロナウイルス感染防止のため、HR教室での実施となりました。

 

数日前からHR教室の飾り付けが始まり、3学年の廊下には紅白幕が。

そこには先生方の想いが凝縮されていて、きっと卒業生に伝わったと思います。

来賓や保護者の参列もなく、在校生もいない中で、

今できる最善の式を挙行できたと思っています。

 

各HR教室には司会や開式の辞、呼名などの様子がライブ中継されました。

タブレットやプロジェクターが大活躍。

久しぶりに生徒の歓声が校舎内に響く、そんな1日になりました。

 

卒業おめでとう。これからもずっと応援しています。

校長室からのつぶやき その23

今日は仕事納めの日である。

机の上を整理する。書類の数々、色々なことがあったんだ。

校舎内を巡回する。生徒がいない教室は淋しい。

 

校長室に生徒がお餅を持ってきてくれた。うまい!

部活動の後、みんなでついたらしい。うまい!

(時間差で2人が持ってきてくれたので、2度うまい!)

 

令和元年も残すところ4日。

来年も良い年でありますように。