活動報告 サッカー

サッカー部 新人大会北部支部予選 vs早稲田大学本庄高等学院

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた新人大会北部支部予選の結果をお知らせします。

 

児玉・鳩山高校 0 - 19 早稲田大学本庄高等学院

 

 今回の対戦相手である早稲田大学本庄高等学院は、今年度のリーグ戦を県2部リーグで戦ってきた北部支部の強豪校です。そんな強豪校と公式戦の場で真剣勝負ができるチャンスでした。

 しかし、残念ながら練習試合でセンターバックと中盤の選手が負傷し、結果として9名で戦うことになり、一方的な展開となってしまいました。

 しかし、選手たちは1対1で負けないよう工夫をしながら80分を戦い抜き、試合の中で大きく成長していました。

 

 この試合で今年度の公式戦はすべて終了しました。次の目標は4月からのリーグ戦での勝利です。なかなか勝てないシーズンを過ごしてきましたが、ここで折れることなくトレーニングに取り組んでいきます。

 

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。」

 

今後も児玉高校・鳩山高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 初蹴り

サッカー部顧問の水野です。

 本日、児玉高校サッカー部初蹴りを実施しました。17名ものOBが参加してくださいました。20分4本の紅白戦を行い、様々な戦術を試すことができとても良いスタートが切れました。

  来週末には新人戦が控えています。1回1回の練習を大切に取り組んでいきます。

 

今後も、児玉高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

 

サッカー部 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。サッカー部顧問の水野です。

 昨年は児玉高校サッカー部を応援いただき、ありがとうございました。

 今年は監督の髙橋とともに、勝利に向けてより一層サッカーを学び選手たちに還元できるよう努力してまいりますので、今後も何卒ご高配を賜りますよう、お願い申し上げます。

 皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年の挨拶とさせていただきます。

サッカー部 OB・OGの皆様へ

サッカー部顧問の水野です。

 児玉高校サッカー部OB・OGの皆様におかれましては、現在の部活動指導にご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 下記日程にて、児玉高校サッカー部の初蹴りを開催します。感染防止対策を講じますので、ご多用中かと存じますがご参加いただければ幸いです。

 

1月4日 9:30キックオフ予定

 

 皆様のご参加お待ちしております。

サッカー部 毎年恒例

サッカー部顧問の水野です。

 本日、年内の活動が終了しました。毎年恒例の塩カル撒きは、サッカー部、陸上競技部、ソフトテニス部、野球部で行いました。大変な作業ですが、みんな積極的に取り組んでくれました。

 新年は1月4日の初蹴りからスタートします。新人戦までチームとしての活動は10日間です。対戦校である早稲田大学本庄学院は選手権予選でベスト16に入ったこともある強豪ですが、選手・スタッフ一同勝利に向かって練習に励んでまいります。

サッカー部 選手目線で考える

サッカー部顧問の水野です。

 私は、9月23日と12月11日の二日間にわたって、JFA公認B級コーチ埼玉県トライアルを受講してきました。このトライアルに合格すると、C級の上位ライセンスであるB級取得に挑戦できます。受講した指導者は、指導しているチームが高校生年代から小学生年代までと様々でした。お互いに選手役、指導者役として練習したのでとても新鮮に感じました。

 そのなかで、選手役としてプレーした際にスペースが狭く難しく感じたり、逆に広すぎて簡単に感じたり、ルール設定が独特で工夫するために頭を使ったりと、普段指導者として練習をしているだけでは感じられない、選手目線で練習を見ることができました。

 

 トライアルに合格できれば選手たちに還元できるものが増えます。しかし、トライアルの合否に関係なく今後の指導に生かしていきたいと感じる2日間でした。

 考査明けの練習は15日(水)から始まります。新人大会北部支部予選に向けて、1つ1つの練習メニューを選手目線で考えて組んでいこうと思います。

 

 今後も児玉高校・鳩山高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 新人大会北部支部予選

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた抽選の結果、新人大会北部支部予選の対戦相手が決定しました。

1月15日(土) vs早稲田大学本庄高等学院

   ↓ 勝利した場合

1月22日(土) 深谷高校vs寄居城北高校 の勝者

 

 大会までおよそ1か月となりました。相手は選手権ベスト52の強豪ですが、勝利に向けて全力で努力してまいります。

 

今後も児玉高校・鳩山高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 北部支部秋季大会 vs桶川高校

サッカー部顧問の水野です。

 11月13日(土)に行われた北部支部秋季大会 桶川高校戦の結果をお知らせします。更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

 

児玉・鳩山高校 1 - 6 桶川高校

 

 今回の対戦相手である桶川高校は、ディフェンスラインの裏を取り攻撃することを得意とするチームです。


 試合はサイドバックの裏を徹底的に狙ってくる攻撃に対応できず、早い時間にPKから失点し苦しい展開となりました。

 ハーフタイムに「体を張ったプレー」が全くできていないから、余計に苦しくなっていることを指摘しました。後半は体を張った守備で中盤を支配し、相手に好き勝手にプレーさせない様にできました。この前線からの守備が功を奏し、相手のミスから得点し、一矢報いることが出来ました。

 

 年内の公式戦は終了しました。今年の公式戦は、インターハイ予選での1勝のみと悔しい結果になってしまいました。あの勝利の喜びを再び味わうために、新人戦に向けて練習してまいります。

 


今後も児玉高校・鳩山高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 北部支部秋季大会vs本庄東高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた北部支部秋季大会 本庄東高校戦の結果をお知らせします。なお、児玉白揚高校は3年生のみのチームだったため、今大会は鳩山高校と合同チームでの出場となりました。

 

児玉・鳩山高校 0 - 5 本庄東高校

 

 今回の対戦相手である本庄東高校は、ワンタッチプレーを効果的に使い攻撃することを得意とするチームです。

  試合は相手のワンタッチプレーに苦しめられながらも、要所要所で体を張ったプレーでゴールを許さずカウンターでチャンスをつくる展開となりました。前半をスコアレスで折り返しましたが、後半、さらに圧力を増した本庄東高校の攻撃に対応できないまま失点を重ね、負けてしまいました。

 
 リーグ戦でセカンドチームと接戦を演じた分、今日の敗戦は悔しかったようです。しかし、次の桶川高校戦に向けて練習しようという声も聞こえてきました。今日の試合から学ばなければなりませんが、この負けを引きずって練習に取り組めないようでは勝てるようになりません。火曜日からの練習で、選手たちの雰囲気がどうなるのか楽しみでもあります。そんな選手たちの頑張りに報いるためにも、我々スタッフも努力して参ります。

 
今後も児玉高校・児玉白揚高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18最終戦 vs本庄東高校セカンド

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 本庄東高校セカンド戦の結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 2 本庄東高校セカンド

 

 今回の対戦相手である本庄東高校セカンドは、ゴールキーパーからビルドアップし生じたズレを突いて攻撃することを得意とするチームです。
 試合は練習してきた崩しの形からゴールを脅かすシーンを多くつくり、前節に続き得点を決めることができるのではないかと言う雰囲気のなか進んでいきました。しかし一瞬の隙を突かれて与えたコーナーキックから失点してしまいます。後半も同様な展開からセットプレーで失点してしまい、無得点で終了してしまいました。

 この試合が今年度のリーグ最終戦ということで、試合前に「要求し合ってポジティブな声掛けをして自分たちのいいところを出そう」と話しました。負けはしましたが、選手たちは最後まで諦めず自分たちの良いところを出そうと必死に取り組みました。

 

  3年生の公式戦が終わりました。本日の試合で高校サッカーは最後となりますが、サッカーは一生涯プレーできる環境が整っています。60歳以上の全国大会もあるほどです。進学先や社会人サッカーでプレーを続ける選手がいるので、今後も練習に参加してくれるとのことです。

 そんな3年生たちに「サッカー部の未来は明るい」と思ってもらえるよう、2・1年生は頑張ってくれることでしょう。我々スタッフも選手たちと一丸となって努力してまいります。

 最終戦に向かう選手たちの背中は、いつも以上に頼もしく見えました。

 

 

今後も児玉高校・児玉白揚高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 vs北本高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 北本高校戦の結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白揚高校 1 - 6 北本高校

 

 

 今回の対戦相手である寄居城北高校は、サイドチェンジからサイドを崩して攻撃することを得意とするチームです。

 試合は立ち上がりに裏を取られる形で、立て続けに失点してしまいます。その後、練習してきた形から得点しましたが力及ばず、その後も連続失点してしまい負けてしまいました。

 

 本校はこれまでチャンスをつくるもゴールを奪えず、更に攻勢を強めたところを突かれ失点してしまう展開が多くありました。たった1点ではありますが、前進していることが実感できたようです。これは今年度の成長ですが、昨年度から見ても大きく成長しています。新人戦では手も足も出なかった鴻巣高校を相手に、リーグ戦では一進一退の攻防を演じました。昨年の秋季大会で戦った秩父高校や寄居城北高校とも、同様のことが言えます。

 今後も、練習を通して成長しているのだと実感できるよう指導していきます。

 

 今後も児玉高校・児玉白揚高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 中学生・保護者の皆様へ

サッカー部顧問の水野です。

 秋季大会の抽選の結果、第2回学校説明会での部活動体験が実施できなくなってしまいました。部活体験を実施できる説明会は、今回が最後でした。中学校でも一生懸命サッカーをしてきたのに、部活動体験をせず本校を志望校にすることは不安かもしれません。

 しかし、児玉高校にはサッカーをする上で最高の環境が整っています。

 照明付きのグラウンドをはじめ、本校には天然芝の野球場があります。埼玉県北部の公立高校で、天然芝グラウンドがあるのは本校だけです。ゴールキーパーは、天然芝でトレーニングする事もあります。

 トレーニングルーム(いわゆる筋トレ室)には様々な器具があり、雨の日でも活動することができます。また、体育館でもボールを使ったトレーニングがしっかりできます。

 卒業後の進路も、大学・専門学校や就職と様々です。児玉高校での学校生活で将来の夢が見つかり、自己実現のための進路選択をした卒業生も多くいます。

 

 高校でもサッカーを頑張りたい中学生は、是非児玉高校を志望校としていただければと思います。入学早々、リーグ戦やインターハイ予選といった大会に出場し、強豪校と真剣勝負してジャイアントキリングをするチャンスを掴み取ってみませんか?

サッカー部 北部支部秋季大会

サッカー部顧問の水野です。

 本日の抽選により、以下のように決定しました。

 
11月 6日(土)vs本庄東高校

11月13日(土)vs桶川高校

 
 この大会は5つのグループに分かれ、各組1位には北部支部新人戦のシード権が与えられます。

 同組になった本庄東高校は、4月に行われた高校サッカー関東大会埼玉県予選でのベスト8をはじめ、県大会の上位に進出するような強豪校です。桶川高校も今年度の北部支部2部リーグで昇格争いをするチームです。

 
 とても難しいグループに入りましたが、100戦やって100戦とも負けるような相手では無いと思います。しっかりと残りの期間で準備して、勝てる可能性を増やせるように指導していきます。

 


今後も児玉高校・児玉白揚高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 考査前勉強会

サッカー部顧問の水野です。

 10月25日(月)から2学期中間考査が始まります。

 サッカー部は10月30日(土)にリーグ戦を控えていますが、勉強ができなければ部活動を続けることはできません。1回1回の考査が、その後の進路決定において重要なものになります。

 サッカーも進路も自分の希望を叶えられるように努力が必要です「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがありますが「二兎を追って二兎を得る」という強い意志で取り組むよう指導してまいります。

サッカー部 U-18 vs寄居城北高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 寄居城北高校戦の結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 2 寄居城北高校

 

 今回の対戦相手である寄居城北高校は、サイドチェンジからサイドを崩して攻撃することを得意とするチームです。

 試合は昨日同様、キックオフ時点で数的不利という中での戦いとなりました。しかし、昨日の反省を活かし、一人一人が与えられた役割を責任を持って実行する事で10人での戦いだとは感じさせない、一進一退の攻防が繰り広げられました。

 試合には負けてしまいましたが、選手たちはこの二日間で大きく成長しました。やはり実戦に勝る練習はないのだと感じました。

 
 次節は10月30日に予定されていますが、その前に中間考査があります。サッカーができれば他はどうでも良いというわけではありません。部活動勉強会でしっかりと対策し、少しでも高得点が取れる様に指導していきます。

 
 【中学生・保護者の皆様】

 本校は人数が少なく、11人揃わない中で戦うこともあります。しかし、だからこそ全員が実戦を通して成長できる環境があります。スタッフも選手8人を2人で指導(児玉白揚高校と合わせると選手11人を3人で指導)すると言う強豪校にも負けない環境が整っております。

 11月に予定されている学校説明会にてサッカー部の様子を見ていただき、志望先としてご検討いただければと思います。

 入学早々スターティングメンバーとして大会に出場し、強豪校と真剣勝負をしてみませんか?

 

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 vs桶川西高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 桶川西高校戦の結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 8 桶川西高校

 

 今回の対戦相手である桶川西高校は、横パスで相手の守備のズレを生じさせ、タイミング良く飛び出して攻撃することを得意とするチームです。

 試合は体調不良や3年生の入試があり、キックオフ時点で数的不利な状態での戦いとなりました。前節の本庄高校戦で出た課題であるチャレンジ&カバーを徹底して繰り返し、人数が少ない中ボールを奪いカウンターからチャンスを生み出すことができました。

 しかし残念なことに、前半は責任感の欠如から流れを引き込むことができず、完全なワンサイドゲームとなってしまいました。

 

 人数が少なく、リーグ戦では全敗と気持ちが折れてしまってもおかしくない中、それでも頑張っている選手たちを誇りに思います。また、今日入試だった3年生はチームのために試験終了後に駆け付けてくれました。

 しかし、自分の限界を決めつけ、与えられた役割ができないことを誰かに責任転嫁して、自己防衛に奔ってしまう選手がいる事は残念に思います。

 

 我々、児玉高校・児玉白揚高校サッカー部には、苦手な事が多くても一芸に秀でた選手たちが揃っています。彼らに足りないのは、実践の中での成功体験だと考えています。

 明日は寄居城北高校との一戦です。今日出た課題が修正できれば、最高の成功体験だと思います。疲労が残ってしまう事が想定されますが、こだわりを持って戦える様に指導していきます。

 

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 vs本庄高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 本庄高校戦の結果をお知らせします。緊急事態宣言の発令に伴い中断されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底したうえでの再開となりました。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 5 本庄高校

 

 今回の対戦相手である本庄高校は、ポゼッションで局面を打開しながらサイドを有効に使い攻撃することを得意とするチームです。

 試合は選手権以降取り組んできた、パス&コントロールにこだわったプレーから相手ゴールを脅かすシーンが見られました。しかし、1か月ぶりの試合ということもあり、自分たちから悪い流れをつくってしまい失点を繰り返すこととなってしまいました。

 

 サッカーに限った話ではありませんが、スポーツにミスは付き物です。どんなに才能に恵まれて、どんなに練習していてもミスはおきます。サッカーでいえば、バロンドール(世界年間最優秀選手)を受賞するような選手であっても必ずミスをしています。

 今日の試合を通して、本校の部員はこのミスに対してとても敏感になってしまっているように感じました。ミスをすれば怒られる。だからミスをしないように、あるいはミスを隠すようにプレーをする。結果として消極的なプレーに終始してしまう。という流れができてしまっていました。何かに挑戦して起きたミスであれば、修正するだけです。次の週末は連戦になります。練習でたくさんミスをして、原因を探り、修正して出来るようにするという成功体験を増やせるように指導していきます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 選手権予選 vs草加東高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた第100回全国高等学校サッカー選手権大会 埼玉大会1次予選の結果をお知らせします。なお、本大会は新型コロナウイルス感染拡大防止措置として無観客で実施しています。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 6 草加東高校

 

 今回の対戦相手である草加東高校は、東部支部2部リーグで現在4位の強豪で、このブロックの第2シード校です。

 試合は斜めのパスから裏を取る草加東高校に対し、球際の守備からカウンターを狙う展開となりました。

 負けたら終わりのトーナメントで緊張してしまい、普段のプレーができないまま失点を繰り返し、敗退してしまいました。

 

 選手権はここで終わりますが、まだリーグ戦が残っています。今回の負けから学んだことを活かせる様にトレーニングに取り組んでいきます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 部活動見学

サッカー部顧問の水野です。

 本日、第1回学校説明会が開催され、54組の中学生と保護者の方にご参加いただきました。

 サッカー部では全体説明の後に部活動見学を実施しました。感染拡大防止対策のため、部活動体験から見学会へと変更されましたが、気温30度を超える真夏日の中、5組が参加してくださいました。

 第2回学校説明会が11月6日(土)に予定されています。今回同様、体育館で全体説明の後に部活動体験も予定されています。大会日程等によりサッカー部は実施できない可能性もありますので、HPをご確認の上、申し込んでいただければと思います。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 vs秩父農工科学高校

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部3部リーグ 秩父農工科学高校戦の結果をお知らせします。なお、本大会は新型コロナウイルス感染拡大防止措置として無観客で実施しています。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 3 秩父農工科学高校

 

 今回の対戦相手である秩父農工科学高校は、緩急を織り交ぜた攻撃で相手の隙を突くことを得意とするチームです。

 試合はこれまで取り組んできたボトムアップの効果があり、選手たち自身で声を掛け合い、修正しながらボールを奪い攻撃を仕掛ける展開となりました。

 しかし一瞬の隙からこぼれ球を拾われ失点し、浮き足立ったところを突かれ立て続けに失点してしまいました。ハーフタイムも選手たちが話し合い、戦術の確認をし、後半は得点のチャンスをつくることができましたが、そのまま終了してしまいました。

 

 今回、ボトムアップに挑戦しました。部長の長尾と2年生の鶴貝は、指導者目線でチームを見ることで得たものは大きかったようです。一方で、自分の殻を破れず、チャンスを棒に振ってしまった選手もいます。

 本校の体育館には「今、ここにいることに感謝」という横断幕があります。この感謝する心というのは、高校生活だけでなく実社会でも大切なものです。「やってもらって当たり前」「自分さえ良ければいい」という考えでは、人は離れていきます。本当に困った時に、誰も助けてくれなくなります。

 2019年の世論調査によると、「物質的にある程度豊かになったので、これからは心の豊かさやゆとりのある生活をすることに重きをおきたい」と言う回答が多かったそうです。感謝する心とは、この心の豊かさではないでしょうか。

 明日からまた指導者が練習を組み立てることになりますが、感謝する心を育めるよう指導していきたいと思います。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。