活動報告 サッカー

サッカー部 インターハイ予選2回戦

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた高校総体(インターハイ)北部支部予選2回戦の結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白揚高校 0 - 4 本庄第一高校

 

 本庄第一高校は先日行われた関東大会予選でベスト16となった強豪校です。

 試合は立ち上がりの浮き足立っているところを突かれ、開始早々に失点してしまい、その後も相手に主導権を握られたまま進みます。失点した後もゴール前の体を張った守備で追加点を許さず、カウンターからチャンスをつくる展開となりました。前半を1点ビハインドで終え、戻ってきた選手たちの顔は充実感に満ちていました。 

 後半も前半同様、体を張った守備で耐えていましたが、ミスから失点してしまい相手の雰囲気にのまれてしまい、立て続けに3失点をしてしまいました。しかし選手たちはここで折れることなく、最後まで戦っていました。

 

 今回、県トップレベルのチームと公式戦の場で戦えた事で、これまでの自分を顧みる選手が多く、次の練習がどんな雰囲気で行えるのか楽しみです。

 「まん延防止等重点措置実施期間における県立学校の部活動について」にあるように、インターハイ予選に向けて7日間の活動を実施したため、12日の再開まではオフとなります。このオフを有効に活用し、心身ともにリフレッシュして次に向かって頑張っていきます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 インターハイ予選1回戦

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われた高校総体(インターハイ)北部支部予選1回戦の結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白揚高校 1 - 1 熊谷商業高校

          4 PK 2 

 

 先週行われたリーグ戦で惜しくも敗れた相手との再戦となりました。

 先週と異なり前線からハイプレスをかけてくる相手に圧倒され、ペースを掴むことができないまま失点してしまいます。しかし、そこで折れる事なく攻撃の形をつくって崩しにかかり、獲得したフリーキックからゴールを奪い前半を折り返します。

 後半は一進一退の攻防が続き、延長戦でも決着がつかずにPK戦までもつれ込んでしまいました。こちらは全員がしっかりと決め、相手のキックを2本止めることができ、勝利することができました。

 

 今シーズン初勝利に感極まっている選手もおり、なかなか勝てずに苦しい時期でも頑張って来たことが報われたと感じています。

 明後日は第1シードの強豪 本庄第一高校との一戦です。今日より苦しい試合になると思いますが、勝つための準備をしっかりして挑みます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

 

 

サッカー部 インターハイ予選

サッカー部顧問の水野です。

 本日、高校総体(インターハイ)北部支部予選の抽選が行われ、5月2日(日)に熊谷商業高校と対戦する事が決定しました。先日のリーグ戦にて攻め込みながらもゴールが遠く、惜しくも負けてしまった相手に雪辱を果たす機会がこんなにも早く訪れることになりました。このチャンスを無駄にすることがないよう、しっかりと準備をしていきます。

 

 なお、今大会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、無観客試合となります。保護者の方の入場はできませんので、御理解・御協力をお願いいたします。

サッカー部 U-18 北部3部リーグ 第3戦

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部支部3部リーグの結果をお知らせします。(先週の試合が雨天により延期となったため、本日が2試合目となります。)

 

児玉・児玉白揚高校 1 - 2 熊谷商業高校

 

 1年生が入部し初めての公式戦でした。先発に名を連ねる者もいる中、キックオフからこちらのペースで試合が進んで行きました。前半をスコアレスで折り返し、後半も押し込む展開が続く中、一瞬の隙を突かれる形で2失点してしまいました。これで吹っ切れたのか、作戦どおりに抜け出して得たコーナーキックから待望の初得点が生まれます。これにより、チームはさらに流動的にボールを動かしながら相手ゴールを脅かしますが、追加点を奪えず試合終了となりました。

 

 次の公式戦はインターハイ予選です。リーグ戦では2連敗と、なかなか結果が出ず苦しい時期ですが、気持ちを切り替えて予選突破に向けて練習していきます。

 

今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

サッカー部 U-18 北部3部リーグ

サッカー部顧問の水野です。

 本日行われたU-18北部支部3部リーグの結果をお知らせします。

 

児玉・児玉白楊高校 0 ー 7 小川高校

 

 本日の対戦相手である小川高校は、近年の選手権一次予選においてブロック決勝常連として、二次予選進出を狙っているチームです。

 試合前の想定どおり、キックオフ直後から押し込まれる展開となりました。そんな中で、連携ミスから失点を重ねてしまいました。

 しかし、狙いどおりの守備からボールを奪い、相手ゴールを脅かすシーンを作ることができました。フィニッシュの場面で合わせられずゴールを決めることはできませんでしたが、失点を重ねながらも諦めることなくひたむきに80分間頑張ってくれました。

 

 今日の試合で出来たことを突き詰めて、しっかりと武器にできるよう指導していきます。

 今後も児玉高校・児玉白楊高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。