校長挨拶

魅力あふれる児玉高校
埼玉県立児玉高等学校長 豊田 弘







  平成最後となるこの4月に着任しました、校長の豊田と申します。どうぞよろしくお願いします。本校は、室町中期に築城された「雉岡城(別名八幡山城)」二の丸、三の郭跡に位置し、卒業生の数は2万3千人を超え、2021年には創立100周年を迎える伝統校です。

 

 県下で3校しかない「体育コース」を有し、運動部、文化部ともに活発に活動し、陸上競技部で、男子10km競歩全国大会出場、女子柔道部では個人52kgの部で全国高校柔道選手権大会に出場し、団体でも関東大会に出場するなど大いに活躍しています。女子バスケットボール部などは関東大会の常連校であり、伝統あるサッカー部他、野球部、男子バスケットボール部、男子柔道部、バレーボール部、剣道部、ソフトテニス部が日々練習に励んでいます。文化部では、吹奏楽部、写真部、演劇部、書道部など、コンクール・演奏会及び展覧会で受賞するなど活躍しています。

 

 また、グランドは2面(陸上・サッカーと野球)・体育館・格技場、そして最先端のトレーニングルーム等体育コースのある学校として活発に活用しています。教室にはクーラーが設置され学習環境も整い、トイレ等も清潔感に溢れています。登下校ではスクールバス(深谷駅南口から神保原駅経由児玉高校まで)が朝1便、夕方2便と生徒の活動状況に合わせて運行しています。

 

 新年度がスタートしてまだ数日ですが、校門に立って挨拶を交わす際の生徒の笑顔は最高で、これからがとても楽しみなそんな活気ある学校です。教職員は熱意に富み、進学、就職等、生徒ひとりひとりに応じたきめ細かい指導を積み重ね、学校生活を充実させ、進路希望の実現を叶えています。平成30年度卒業生の進路状況は、目標である大学や専門学校等に43名が進学し、就職者51名、その他自営業等21名となっています。

 日を重ねるごとに魅力に気づく、そんな児玉高校です。

 

 

 

 

平成31年4月

校長室だより

校長室からのつぶやき その18

台風19号は広範囲に甚大な被害をもたらした。

本校のHR棟も玄関や廊下が浸水してしまった。

その程度でも、泥を洗い流すのは、大変だった。

河川の氾濫や土砂災害に遭われた方々への想いが巡る。

 

2学期中間考査が今日で終わった。

そんな中、八高線が一部不通になっている。

通学に利用している生徒も多い。

1日も早い復旧と、せめてバスの代替輸送の早期開始を願う。

 

何気ない日常の有難さを痛感する。

 

 

 

校長室からのつぶやき その17

今日は爽やかな秋晴れで気持ちがいい。

校門の近くのイチョウには黄金色の銀杏がたくさん実っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務室の窓に何やら動くものが・・・。

「オッ!ハラビロカマキリだ」

オオカマキリよりも体長が短くズングリしている。

草木も実を残し、虫たちも次への子孫を残す準備の季節だ。

学校も実り多き2学期にしたい。

校長室からのつぶやき その16

思うところあって、本庄市国際交流協会の会員になった。

全10回のポルトガル語講座(初級)に申し込んだ。

昨日、第1回目があり、少し緊張しながら参加した。

 

全くわからない。当然だが発音も英語とは違う。

難しいけど、学ぶことは楽しい。

何かを教わることは、幸せなことだと思う。

ポルトガル語が話せる生徒にも教えてもらおう。

 

残り9回、参加できない日もあるけど、がんばろう。

Obrigado!の気持ちを忘れずに。

それでは Tchau!

校長室からのつぶやき その15

校長室の窓を開けると、涼しい空気が入ってくる。

夏の猛烈な暑さは、過去の記憶か。

 

音楽室から生徒の歌声♪が聞こえてくる。

校歌が聞こえてくる。何だかうれしい。

「夏の終わり」も聞こえてきた。

 

3年生の就職希望者向けの面接指導が今日から始まる。

本気になれば道は拓ける。

過ぎた過去は変えられない。今から頑張ればいい。

校長室からのつぶやき その14

長かった夏休みが終わろうとしている。

すでに2学期が始まった学校も少なくない。

生徒の皆さんはこの40日間で、どんな成長を遂げたことか。

 

長雨や猛暑、不安定な大気。

そんな中で、部活動の遠征や合宿、練習試合等。

3年生は、進路に向けて就職や進学先の絞り込み、見学など

忙しかったことと思う。

 

虫の声の主役もセミやキリギリスから、秋の虫へとバトンタッチ。

エンマコオロギやツヅレサセコオロギの優しい音色に心が和む。

樹上にて甲高い声でリーリー♪と鳴くのは、アオマツムシ。

外来種で、美しい姿をしているが、鳴き声は好きになれない。

 

新学期、成長した皆さんとの再会が楽しみだ。

1 7 2 6 2