校長挨拶

魅力あふれる児玉高校
埼玉県立児玉高等学校長 豊田 弘







  平成最後となるこの4月に着任しました、校長の豊田と申します。どうぞよろしくお願いします。本校は、室町中期に築城された「雉岡城(別名八幡山城)」二の丸、三の郭跡に位置し、卒業生の数は2万3千人を超え、2021年には創立100周年を迎える伝統校です。

 

 県下で3校しかない「体育コース」を有し、運動部、文化部ともに活発に活動し、陸上競技部で、男子10km競歩全国大会出場、女子柔道部では個人52kgの部で全国高校柔道選手権大会に出場し、団体でも関東大会に出場するなど大いに活躍しています。女子バスケットボール部などは関東大会の常連校であり、伝統あるサッカー部他、野球部、男子バスケットボール部、男子柔道部、バレーボール部、剣道部、ソフトテニス部が日々練習に励んでいます。文化部では、吹奏楽部、写真部、演劇部、書道部など、コンクール・演奏会及び展覧会で受賞するなど活躍しています。

 

 また、グランドは2面(陸上・サッカーと野球)・体育館・格技場、そして最先端のトレーニングルーム等体育コースのある学校として活発に活用しています。教室にはクーラーが設置され学習環境も整い、トイレ等も清潔感に溢れています。登下校ではスクールバス(深谷駅南口から神保原駅経由児玉高校まで)が朝1便、夕方2便と生徒の活動状況に合わせて運行しています。

 

 新年度がスタートしてまだ数日ですが、校門に立って挨拶を交わす際の生徒の笑顔は最高で、これからがとても楽しみなそんな活気ある学校です。教職員は熱意に富み、進学、就職等、生徒ひとりひとりに応じたきめ細かい指導を積み重ね、学校生活を充実させ、進路希望の実現を叶えています。平成30年度卒業生の進路状況は、目標である大学や専門学校等に43名が進学し、就職者51名、その他自営業等21名となっています。

 日を重ねるごとに魅力に気づく、そんな児玉高校です。

 

 

 

 

平成31年4月

校長室だより

校長室からのつぶやき その25

1、2年生が久しぶりに登校した。

教科書販売が主な目的で、時間をずらしての登校だ。

新型コロナウイルス感染防止対策の一環である。

 

廊下等で見かける生徒は、みんな元気そうで安心した。

久しぶりに会う友達との会話に笑顔が弾ける。

 

我々教職員は、年度末の仕上げと新年度の準備を並行して進めている。

そんな中、玄関前の赤松が散髪(剪定)してもらって気持ちよさそうだ。

見事な枝ぶりが姿を現した。

 

一緒に新年度を待つ(松)ことにしよう。

校長室からのつぶやき その24

本日、第72回卒業諸所授与式を挙行することができました。

新型コロナウイルス感染防止のため、HR教室での実施となりました。

 

数日前からHR教室の飾り付けが始まり、3学年の廊下には紅白幕が。

そこには先生方の想いが凝縮されていて、きっと卒業生に伝わったと思います。

来賓や保護者の参列もなく、在校生もいない中で、

今できる最善の式を挙行できたと思っています。

 

各HR教室には司会や開式の辞、呼名などの様子がライブ中継されました。

タブレットやプロジェクターが大活躍。

久しぶりに生徒の歓声が校舎内に響く、そんな1日になりました。

 

卒業おめでとう。これからもずっと応援しています。

校長室からのつぶやき その23

今日は仕事納めの日である。

机の上を整理する。書類の数々、色々なことがあったんだ。

校舎内を巡回する。生徒がいない教室は淋しい。

 

校長室に生徒がお餅を持ってきてくれた。うまい!

部活動の後、みんなでついたらしい。うまい!

(時間差で2人が持ってきてくれたので、2度うまい!)

 

令和元年も残すところ4日。

来年も良い年でありますように。

校長室からのつぶやき その22

一番長い2学期が区切りを付けた昨日。

終業式の校長からの言葉に思いを込める。

文化祭や修学旅行、台風19号、八高線の不通など様々な出来事があった。

 

3年生は就職希望者、進学希望者共にその多くが内定や合格を勝ち取っている。

一般受験で四年制大学に臨む生徒はいよいよ本番だ。

毎日放課後、英語の進学補習を受けるなど、準備を進めてきた。

その努力の成果をぶつけて欲しい。結果は必ず出る。

 

長い人生の中で、たった3年間の高校生活。

その3年間の有難さを嚙み締めつつ、成長を実感して欲しい。

我々教職員集団は、全力で君たちを応援する。

校長室からのつぶやき その21

2学期の期末考査が終わり、今日は球技大会。

種目は6人制での男女混合ソフトバレーボール。

柔らかくて大きなボールは、時にとんでもない方向に飛んでいく。

 

ONE TEAM!

一つのボールを繋ぎながら、絆が深まる。

学校全体の一体感が生まれる。

そんなことを期待しながら、教員チームとして私も参加した。

 

生徒や教員の歓声が響く。

何だかうれしくなる。

そんなひと時をありがとう。

 

1 8 0 0 9