校長挨拶

魅力あふれる児玉高校
埼玉県立児玉高等学校長 豊田 弘







  平成最後となるこの4月に着任しました、校長の豊田と申します。どうぞよろしくお願いします。本校は、室町中期に築城された「雉岡城(別名八幡山城)」二の丸、三の郭跡に位置し、卒業生の数は2万3千人を超え、2021年には創立100周年を迎える伝統校です。

 

 県下で3校しかない「体育コース」を有し、運動部、文化部ともに活発に活動し、陸上競技部で、男子10km競歩全国大会出場、女子柔道部では個人52kgの部で全国高校柔道選手権大会に出場し、団体でも関東大会に出場するなど大いに活躍しています。女子バスケットボール部などは関東大会の常連校であり、伝統あるサッカー部他、野球部、男子バスケットボール部、男子柔道部、バレーボール部、剣道部、ソフトテニス部が日々練習に励んでいます。文化部では、吹奏楽部、写真部、演劇部、書道部など、コンクール・演奏会及び展覧会で受賞するなど活躍しています。

 

 また、グランドは2面(陸上・サッカーと野球)・体育館・格技場、そして最先端のトレーニングルーム等体育コースのある学校として活発に活用しています。教室にはクーラーが設置され学習環境も整い、トイレ等も清潔感に溢れています。登下校ではスクールバス(深谷駅南口から神保原駅経由児玉高校まで)が朝1便、夕方2便と生徒の活動状況に合わせて運行しています。

 

 新年度がスタートしてまだ数日ですが、校門に立って挨拶を交わす際の生徒の笑顔は最高で、これからがとても楽しみなそんな活気ある学校です。教職員は熱意に富み、進学、就職等、生徒ひとりひとりに応じたきめ細かい指導を積み重ね、学校生活を充実させ、進路希望の実現を叶えています。平成30年度卒業生の進路状況は、目標である大学や専門学校等に43名が進学し、就職者51名、その他自営業等21名となっています。

 日を重ねるごとに魅力に気づく、そんな児玉高校です。

 

 

 

 

平成31年4月

校長室だより

校長室からのつぶやき その16

思うところあって、本庄市国際交流協会の会員になった。

全10回のポルトガル語講座(初級)に申し込んだ。

昨日、第1回目があり、少し緊張しながら参加した。

 

全くわからない。当然だが発音も英語とは違う。

難しいけど、学ぶことは楽しい。

何かを教わることは、幸せなことだと思う。

ポルトガル語が話せる生徒にも教えてもらおう。

 

残り9回、参加できない日もあるけど、がんばろう。

Obrigado!の気持ちを忘れずに。

それでは Tchau!

校長室からのつぶやき その15

校長室の窓を開けると、涼しい空気が入ってくる。

夏の猛烈な暑さは、過去の記憶か。

 

音楽室から生徒の歌声♪が聞こえてくる。

校歌が聞こえてくる。何だかうれしい。

「夏の終わり」も聞こえてきた。

 

3年生の就職希望者向けの面接指導が今日から始まる。

本気になれば道は拓ける。

過ぎた過去は変えられない。今から頑張ればいい。

校長室からのつぶやき その14

長かった夏休みが終わろうとしている。

すでに2学期が始まった学校も少なくない。

生徒の皆さんはこの40日間で、どんな成長を遂げたことか。

 

長雨や猛暑、不安定な大気。

そんな中で、部活動の遠征や合宿、練習試合等。

3年生は、進路に向けて就職や進学先の絞り込み、見学など

忙しかったことと思う。

 

虫の声の主役もセミやキリギリスから、秋の虫へとバトンタッチ。

エンマコオロギやツヅレサセコオロギの優しい音色に心が和む。

樹上にて甲高い声でリーリー♪と鳴くのは、アオマツムシ。

外来種で、美しい姿をしているが、鳴き声は好きになれない。

 

新学期、成長した皆さんとの再会が楽しみだ。

校長室からのつぶやき その13

「発勁 児玉高」ポロシャツが完成した。
先日の北部進学フェアでもお目見え。
「発勁」には様々な意味があるが、「エネルギーを蓄え、爆発的に力を発揮する」
そんな思いを込めている。それが「発勁 児玉高」。
左胸には雉をあしらった校章。
雉は国鳥であり、強さと家族愛の象徴とも言える。
揺るがぬ伝統と輝く実績を誇る児玉高校。
心を一つにして「発勁!児玉高!」と叫びたい。

校長室からのつぶやき その12

4月からスタートした新年度。
5月からは令和元年度となり、
6月には新校に向けての発表があり、
7月、本日1学期終業式。日々矢の如し。

硬筆展、女子柔道、陸上競技の表彰を経て、
女子柔道部、陸上競技部の全国大会出場への壮行会。
その陰にどれだけたくさんの努力があったのだろう。

1学期間で生徒の皆さんは何を掴んだのか。
一人ひとりに、それぞれ大きな成長、小さな成長があったに違いない。
そのことに誇りを持ってほしい。

40日後、さらに成長した皆さんに会うのが、楽しみだ。
部活動、勉強、進路等、「発勁!児玉高!」
1 7 0 0 7